« 28回目の療育 | トップページ | 療育の効果かも?? »

29回目の療育と次男の今後

 とうとう療育も次回の終了式&食事会を前に、最後の療育の時間を迎えました。

 今回は、親の勉強会と称し、親子分離の時間があり、子供たちは玩具のある部屋で自由遊び、親たちは先生一人と共に別室で過ごしました。

 勉強会では、療育に参加することになったときの思いと療育で過ごしてどう思ったか、今後について等など、親一人ずつが話しました。

 今療育に参加しているのは皆、今度の4月から、幼稚園の年少になる子供達です。

 療育を始めたきっかけと思いこそ其々異なりますが、どの親も共通して、療育を始めてからの子供たちの成長を喜び、これからその子なりの成長を見守っていきたいと話しておられました。

 本当に、そのとおりですよね

 この療育終了後は、幼稚園に行きつつ療育を続ける子、幼稚園に専念する子、この療育施設の通園クラスに進む子と様々です。

 いずれも、みなさん、考えられて出された結果です。

 そして我が子Joeは、とりあえず4月からは、これまで同様保育園に進みつつ月2回の療育を行っていく予定です。

 そして、この療育施設の通園クラスに空きができた時点で、転園予定です。

 転園できる時期が、夏になるのか、10月になるのか全く分からない状態ですが、療育施設の先生の「Joeくんは、ここで1年間でも過ごすと大きく成長しそう、受け入れを前向きに考えたい」といった言葉を信じ、気長にその日を待ちたいと思っています。

 療育でご一緒したお子さん達、そしてそのお父様やお母様も、4月からはそれぞれ新しい生活に進まれていくんだな~と実感すると、何となく感慨深い気持ちになってしまったのは私だけかな??

 相変わらず、感情の出やすい私です

 勉強会を終え、子供たちの部屋へ戻ると、お母さんを探して大泣きの子続出

 その中で、Joeは、マットの上に横たわり、眠る姿勢に

 さすが、保育園っこ。ちょっとやそっとのことには慣れております・・・・・。

|

« 28回目の療育 | トップページ | 療育の効果かも?? »

コメント

年少になる前のお子さんばかりの療育だったんですね。
普段全くママと離れる機会のないお子さんもいるでしょうから
勉強会の間ずっと大泣き・・・ なんてこともありそうですよね。
保育園で慣れているJoe君は全く動じることなかったようですが^^

Joe君、この一年療育を通じてきっとたくさん成長できたのでしょうね。
ママはお仕事との両立大変だったのではないかと思いますが
一年間どうもお疲れさまでした (^_^)/

また来年度も療育、そして転園などもありそうですが
頑張っていきましょう!

投稿: Take | 2009年2月25日 (水) 06時44分

お疲れ様です。
うちも4月から、療育をつづけながら保育園生活を続ける形になります。
そういえば、来週は保護者だけのお話し会があるようです。子どもと離れてお茶を飲みながらお話しするようです。
こういうことも必要なんですね。

投稿: しょーぷー | 2009年2月25日 (水) 07時19分

Takeさん、コメントおはようございます!

仰る通り、Joeは、本当にこの一年間成長しました。何よりも嬉しいのが、家でもどこでもよく笑うようになったことと、しつこいぐらい「僕を見て見て光線」を発するようになったこと。
彼の笑顔を見ていると、仕事のストレスなんて吹き飛びます
先を想像すると大変なことが多そうですが、とりあえず次の一年間どんな成長をしてくれるか楽しみにしながら、過ごしていきたいと思います。

投稿: くろろ | 2009年2月28日 (土) 07時08分

しょーぷーさん、おはようございます!

療育で、同じような立場の方々と話せる機会って、やはり大切なのかなって私も思います。
ただ、敢えて「お話し会」とか「勉強会」とか名前が付くと、却って緊張してしまう私ですが…。

因みに、本日は、保育園のJoeのクラスの懇談会に参加してきます。結構、気が重い…。

投稿: くろろ | 2009年2月28日 (土) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 28回目の療育 | トップページ | 療育の効果かも?? »