« 子供たちの進級後の様子 | トップページ | 次男の投薬効果・・・ »

次男の多動、薬で抑える!?

 とうとう、小児精神科の医師から、Joeの診断について説明を受けてきました。

 診断名は、『多動症 精神遅滞』。

 これはあくまでも書類上のもの。

 今回つけられた‘多動症’は、いわゆる‘AD・HD(注意欠陥・多動症候群)’と同じ。

 ‘注意欠陥・多動性・衝動性’が目立つ発達障害の一つ。

 Joeの様に精神遅滞が伴うことは珍しく、確定診断はできない状態ではあるが、Joeの成育歴と、一番目立つ‘落ち着きのなさ’は、‘AD・HD’に限りなく近いということ。

 Joeの成育歴…。

 確かに、小さい時からよく動く子でした。

 まだ、ベビーバスを使って入浴させていた頃から動きが激しく、長男Boeとお風呂に入っているとよくベビーベッドの中で体が90°や180°回転していて驚きました。

 寝返りは、首が据わる前にできるようになり、窒息しないか心配になりました。

 ハイハイは、6か月に出来るようになり、歩き始めたと思ったら走ったり、両足ジャンプを始めるような子でした

 そして、現在、迷子の常習犯で、「落ち着かない」と言われるほどに動くことが好き!

 これが「多動症」の結果だったとは・・・。

 

 では、これからどうすれば良いのか?

 今回の受診にあたって、Joeが通う保育園のクラス担任の先生は

 「気が移りやすいJoeくんが一つのことを落ち着いてこなせるようになれば、もっと成長できるかと。その方法を聞いてきてほしい」

 とおっしゃっていました。

 この質問に対し、小児精神科の先生は、一言。

「薬で、多動を抑え、周りをもっと見えるようにすることが、一番」と。

 先生いわく、3歳児のJoeに出せる薬は、脳神経に作用し精神状態を安定させるもの。

 飲む量によって、落ち着き具合は変わるが、飲んでいる限り、周りがよく見えるようになり学べることが多いと。一度学んだことは、薬をやめても身に付き、有効な治療だと。薬自体は、尿と一緒に流れてしまうので、体に悪影響はないとも。

 一緒に先生の話を聞いていた夫も、私も「お願いします」とは即答できませんでした。

 先生の説明は、よく分かりました。

 でも、薬でJoeの行動を抑えるなんて、なんとなく、JoeがJoeでなくなるような気が…。

 私たちは、今の多動なJoeが、‘Joeらしさ’として受け入れていただけに、落ち着いたJoeが想像できない

 でも、先生に「今のJoeくんの状態だと保育園での生活が無駄になる」と言われ、薬の使用を了解しました。

 まだ、薬の適量が分からないので、頻繁に診察を重ね、定量を見定めていくことに。

 現在、全く未知なことに足を踏み入れた感じがして、ドキドキしています。

 選択が正しかったのか、どうなのか、これからの成長を見守りたいと思います

 

|

« 子供たちの進級後の様子 | トップページ | 次男の投薬効果・・・ »

コメント

薬の使用、人事とは思えない問題です。主治医がJoeくんの様子を見て判断したなら、信じて服用するのがいいのでしょうね。でも、なんだか展開が早いですね。「保育園での生活が無駄になる」って言葉が、ちょっと引っかかるのですが。。。
ちなみに、年齢が幼いほど落ちつきがない、つまり「多動」は成熟の遅れ、ととらえるべきものが多いそうです。逆にいえば、年齢が上がれば、自然と落ち着くのかなあとも思います。3歳の男の子、多動でもいいじゃん、って思ったりもしますが。でも、本当にADHDだったなら、本人も薬で生活が楽に感じられるのかもしれません。
う~ん、難しい問題です。。。

投稿: ぷくぷく | 2009年4月23日 (木) 00時24分

ぷくぷくさんへ。

確かに、展開早いですよね~~。
1月に発達相談を受けた時からJoeを診ていただいている医師ですが、最初から、Joeの動きに注目されていて、病院の初診でも『薬』の話が出てきていました。夫とは、「薬を使うことだけはあまりしたくないね~」と会話をしていたんですが、「保育園でわけが分からず過ごすことになる(正確にはこうだったかな??)」と言われ、使用を納得した次第です。やはり、「多動」+「精神遅滞」があると、色々なことを吸収しにくいのかな?と思ったり。

私としては、多動があると認識しつつも、次男らしい個性と思っていましたし、保育園も本人が楽しく通えているなら良いかなと思っていましたが、あまり訳が分からない状態で過ごしていると本人のストレスとなりかねないかも…。

とりあえず、薬を始めた初日は、大きく変わったようには見えなかったJoeですが、保育園では、個人的に指導しなくても、遊びの終了時間と食事の始まり時間が分かったようですと言われました。
なんだか、効き目が早すぎ??とも思いますが、思った以上には大人しくなっていないのでホッとしています

薬に関してあまりに知識がないので、習慣性とか依存性とかが怖いところですが、今後その点も医師に確認しつつ、進めていこうと思っています。

投稿: くろろ | 2009年4月23日 (木) 07時10分

私も展開の早さにビックリしました。
服用することになったのは、リタリンやコンサータのような「塩酸メチルフェニデート」や
ストラテラなどの 「塩酸アトモキセチン」 ではないですよね?
これらの薬は、6歳以下の子供には禁忌だと思うので・・・。

ADHD治療薬は副作用や依存性があるものも多いので難しいですね。
本人や家族にとても困っていることがあれば、投薬は非常に有効だと思うのですが。

きっと、たくさん悩まれた上で出された結論だと思うので、くろろさんご夫婦が最善だと思う方法を試されるのが一番ですよね。
投薬は、「必要なのでは?」と周りの人達が思っても、躊躇される親御さんも多いと思うので、くろろさん達は勇気があってすごいです!

投稿: Take | 2009年4月23日 (木) 07時59分

短い期間に、いろいろなことがあったんですね。
くろろさんは大丈夫ですか?
投薬…驚きますよね。
以前、昼夜逆転していたとき私も家族もひどく心身ともに疲れ果てていた時、睡眠薬を勧められたことがありました。
悩みました。お薬を使おうと決心したころ風邪薬からくる眠気でリズムが戻り、結局使わなかったけど医師には、お薬を使っていくことはこれから先あると思いますよと言われています。
様子を見守っていきたいです。

投稿: しょーぷー | 2009年4月23日 (木) 15時25分

Takeさんへ。

薬の種類の件で、ご心配いただきありがとうございます。リタリンとコンサータ、ステラテラいずれも使っていません。やはり、医師も、6歳未満には使えない薬があると説明されていました。Joeの薬は『セレネース細粒1%』というものを少量から始めています。ネットで調べてみると、リタリンやコンサータ程の副作用は書かれていませんが、通常どんな薬でもあるように多少は副作用はあるようで、心配です。

ただ、使用二日目にして、保育園での様子が少し変わったようなので、少量でも効果はあるのかと。

副作用のほかにも、
もし、薬を飲ませ忘れたら??
薬はいつまでやるの???
療育施設への転園後は使わなくていいの????

まだまだ、かなり悩みながら進めているレベルで、明日にも「やっぱ、やめる!」と言いだしそうな私がいます

保育園の先生方や療育施設の先生方や周りの意見に耳を傾けながら、対応していきたいと思っています。

投稿: くろろ | 2009年4月24日 (金) 07時10分

しょーぷーさんへ。

なんか、今年はいろいろあるな~と私も驚いています。驚くことを言われ動揺し、それが一段落すると再び驚くことが
こんな中、私自身は体調も崩さず生活しています。ご心配ありがとうございます。
まあ。Joe本人はいたってマイペース。将来の心配もなさげで羨ましいです。

やはり、病気以外の薬を使うのは抵抗がありますよね。軽い病気なら投薬の期間も短くて済みますが、睡眠薬や多動を抑えるという手のものは、先が見えないし、習慣性・依存性もあるし…。

今、私たち家族の中では、Joeの多動は適応範囲なんですが、多動のせいで知能面に影響が出てくるといわれると…、できることはしたいと思ってしまいます。

が・・・・・。
明日になったら、「もう、止める!」とか叫んでいるかも??
なにせ、こどもの依存性よりも、私が依存してしまいそうで怖いです

投稿: くろろ | 2009年4月24日 (金) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子供たちの進級後の様子 | トップページ | 次男の投薬効果・・・ »