« 出産の思い出 | トップページ | 今年の夏も流行りにのる »

「自我の目覚めと自己中」

 次男Joeは、2週間ぶりに、療育施設への通園を再開しました。

 本人は、すんなり、園での生活に復帰できたのですが、送り迎えを担当する私が、すっかり3週間の引きこもり生活で、ボケボケになっており、通園再開二日目で、車の鍵をどこに置いたか忘れてしまい、結局その日はJoeをお休みさせてしまいました

 幸い、子供服を入れておいた籠の中に鍵を見つけ、翌日からまた通園しています

 (なんで、そんなところにあったか、未だに思い出せない・・・)

 昨日は、園で、Joeの学年の親の懇談会があったので、参加してきたのですが、その時に担任の先生が話されて印象に残った言葉。

 「子供のわがままな行動は、周りを見れるようになって出てくる自我の目覚めと、周りが見れない状況での自己中がある」と。

 いずれ、どの子にも訪れる自我の目覚め。

 対応する、親としては大変ですが、成長の一過程と思えば喜ばしいことです。

 でも、ただの自己中(自己中心的)となると、なんとなく、まだまだ問題があるような。

 最近のJoeのわがままぶりは、実は「自我の目覚め」と期待していたのですが、先生の言葉を聞くといま一つ判断しにくい。

 そこで、この話を夫にすると、「ただの自己中に決まってるじゃないか」と即答。

 やはり、そうですか。

 でも、もう少し、考えてから答えてくれても・・・。

 そういえば、同じ懇談会で、「夫よりも、施設に通うお母様達の方が親身に話を聞いてくれる」みたいな話をされていたお母様がいらっしゃいました。

 う~~~ん。なんとなくわかる、この気持ち

 いずれにしろ、いつになるのか、Joeの自我の目覚めは??

|

« 出産の思い出 | トップページ | 今年の夏も流行りにのる »

コメント

先生の、自我と自己中の話、なるほど~と思いながら聞きつつも、考えていたら頭の中がこんがらがってきてしまいました~。よく「イヤイヤ期」は自我の目覚め、と言うのですが、Joeくんはどうですか?
ちなみに、私もよく車のカギを紛失しますが、幸いにもスペアキーがあるので助かっています。

投稿: ぷくぷく | 2009年8月 1日 (土) 17時12分

ぷくぷくさんへ。

お返事が遅れてごめんなさい

先生の説明には、私もこんがらがってしまいました
Joeは、とりあえず、『イヤイヤ期』真っ最中って感じです。
かつてよくあったパニックとは明らかに違うので、自我が目覚めているのかな~と。
毎日、扱いが大変です…。

ぷくぷくさんも、鍵をなくされるんですか!
私のスペアキー、夫がいつも持っていってしまうので、あまり役に立たないのが現状です…。

投稿: くろろ | 2009年8月 6日 (木) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出産の思い出 | トップページ | 今年の夏も流行りにのる »