« 二男の「おなまえは?」 | トップページ | 二男、菓子作りにハマる? »

二男の発達検査

 約半年ぶりに発達検査をしてきました。

 

 といっても、実は今月2回目。

 前回心理士の方が用意してくださった『田中ビネー式』なる検査は、最初の二問以降、全く答える気ゼロのJoe。時間だけ、過ぎて終わってしまいました。

Joeの場合、言葉の理解が不十分のため、普段と違うことを説明するのが難しく、検査をさせるための部屋に入るまでも大変。

「いつも診察を受ける部屋ではない→おかしい→怖い→逃げろ~」という方式があるのでしょうか。前回は、病院を飛び出し、入口前にある砂場で遊び始めてしまいました。

玩具で釣って部屋に入れたものの、今度は玩具が気になって、検査どころではない。

 困ったものです。

 それでも2回目になると、前回よりも(あくまでも前回に比べ)スムーズに検査を受ける態勢になれました。

 気が散りやすい多動っ子のJoeには、検査をさせることも大変でしたが…

 今度は、そんなJoeでも検査がしやすいらしい「K式」が用意されていました。

 質問の意味を理解していないことも多く、珍回答も多々。

 心理士さんが見せる形‘○’と同じ形をどれかと聞けば、全く無視して、楕円を指さし「これ、タマゴ」とか長方形を指さし「これ、おかね(お札の意)」と答えるJoe。

 はいはい、確かに、間違ってはないけどね

 線やまるを描いて「これ真似して」と言い鉛筆を渡せば、鉛筆を返して「きしゃ、かいて」とお願いする。

 積み木でトラックを作り「これ真似して作って」と言えば、別のものを作り、心理士さんの「電車だね」という一言に対し「ちがう!きしゃ!」と文句を言う。

 すっかり、遊んでいました・・・

 最後は、Joeの「もう、かえる」の一言で終了しました。

心理士さんのお仕事も大変だな~とつくづく感じる時間でした。

 検査結果は、来月の診察の時にわかりますが、そばで見ていて、そんな大きな伸びはなさそうな感じ

 それでも、言語面ではほとんど答えられず「一歳半程度」とされた半年前に比べて、格段に伸びている様子。

 今のJoeは、検査ができたこと自体すごいこと。

できなかったことはこれからの課題と受け止め、できたことを大いに喜びたいと思います

 

|

« 二男の「おなまえは?」 | トップページ | 二男、菓子作りにハマる? »

コメント

Joe君、 検査なんていうことがよく分からなくて
遊んでる感覚だったのかもしれないですね。
長男がその年齢の頃は、ほとんどお喋りが出来なかったので
会話を交わさなくても出来るテストを受けましたが
どんなものだったのか・・・  もうスッカリ忘れてしまいました
パズル系だけはズバ抜けてよく出来て、本人も楽しんでいたので
見本と同じ形を作るような・・・そういった感じのものが多かったと思います。
やはり 「本人のやる気がなくなったらお終い!」 でした。
集中力がどこまで続くか・・・ というのも検査のうちなのでしょうね。
Joe君、お喋りはドンドン上手くなっているようなので
その調子で、他の面もグングン伸びていってくれるといいですね ☆⌒(*^∇゜)v

投稿: Take | 2009年11月27日 (金) 07時19分

Takeさんへ。

発達検査なんて、幼い子供本人にとってはやる理由がわからないから、興味がないものだと余計にやる気を見せないんでしょうね。
我が家のJoeは、パズルもお絵かきもあまり興味がないので、検査自体苦痛な様子を示していました
Takeさんのおっしゃる通り、今目立って成長している言葉に引き続き、他の面も伸びていってほしいものです…。

投稿: くろろ | 2009年11月28日 (土) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二男の発達検査:

« 二男の「おなまえは?」 | トップページ | 二男、菓子作りにハマる? »