« 二男、発表会に出る | トップページ | ダブル祝い »

二男の来年度の進路

 二男Joeの発表会が終わり、ホットと一息ついたところですが、今度はJoeの今後の進路について考えなければなりません(過去記事はこちら)。

 『できればもう一年学園(療育施設)で過ごした方が良い』と仰りつつも、『Joeくんを迎え入れてくれる場所があるなら、そちらに戻った方が良い』と、元いた保育園への転園話をどんどん進める学園の先生達。

 それに対し、来年も学園で過ごさせたいと思う私。

 夫とともに、来年度も学園に通えるように打診しましたが、思うような結果にならず、反対に『転園しても、こちらから保育園にJoe君の様子を見に行きますし、月2回転園した子供達を対象に指導しながら、Joe君のフォローをしますから』と説得される始末

 学園では大分落ち着いて過ごせるようになったとは言え、生活面の自立は不完全な上、言葉の理解も低く、保育園の生活は難しそうなんですけどね

 でも、そう思う反面、Joeが知らない子供たちに声を掛け、その子達に怪訝そうな顔をされるのを目撃する度に、Joeに社会性を学ぶ場を提供する重要性は感じてきました。

 つい先日、学園の帰りに必ず寄る公園で珍しく、小学校帰りの子供たちに遭遇。

人がめったに来ない公園で子供を見つけ嬉しそうなJoe。

「おにいちゃんたち~!」と、子供たちに近寄り、片手を広げ「どうぞ、どうぞ」と公園へと誘っていました。

あたかも、自分の家にお客様を通すようなしぐさで・・・・

 この姿を見て改めて実感。Joeは、基本、人が好きなんでしょうね。

お友達と遊びたいんでしょうね。

でも、接し方が分からないから、自分からは変な接し方をするし、人から声を掛けられると反応に困り、無視してしまう。

なんか、ちょっと悲しい

 実年齢は、もうすぐ4歳になるJoeですが、中身は3才にも満たない。

保育園の生活は、本人も周りもかなり大変かと思います。

でも、Joeが人と関わりたいと感じるなら、保育園で社会を経験させることも重要かも。

出来ないことが多いJoeですが、今のJoeなら、お友達から学ぶこともあるかも。

 

 時間は大分かかりましたが、とうとうJoeの転園を決めました。

まだ、不安が一杯ですが、前に一歩進んでみようと思います。

とりあえず、来週一日だけ、保育園へ母子通園をしてみます。

 どうなることやら。

|

« 二男、発表会に出る | トップページ | ダブル祝い »

コメント

転園、決めたんですね~、ちょっと寂しいですが、Joeくんが、子供だけでなく大人にまで話しかける今までのエピソードを読んで、すごい成長してるじゃん~って思ってました。きっと、保育園では世話好きの女の子とかが、いろいろリードしてくれたりするんでしょうね~。
転園後の、学園からのフォローも、ポイント高いですよね。Joeくんが、いっぱい成長できますように!

投稿: ぷくぷく | 2010年2月11日 (木) 21時23分

ぷくぷくさんへ。

転園、ようやく決めました。当の本人よりも(本人は状況を理解できないし)私が一番寂しいです。
本当は、まだまだ学園で学ばせたいことが一杯で、不安の方が先に立ちます…。でも、出来ないことを心配するよりも、学園で出来るようになった沢山の事を喜び、次につなげていきたいなと思います。


投稿: くろろ | 2010年2月14日 (日) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二男の来年度の進路:

« 二男、発表会に出る | トップページ | ダブル祝い »