« もしかして幸せ者? | トップページ | 笑えない »

二男、遠足へ行く

 二男Joeが待ちに待っていた学童保育所の遠足がありました。

 楽しみなことがあるとかなり前から興奮するタイプのJoe。

 数日前から『遠足は○○曜日だよね。お菓子はもって行っちゃいけないんだよ。お弁当作ってね』と繰り返していました

 遠足前日に、雨が降りだすと大暴れして、『雨、やませて~。すぐにやませて~』と無理難題を言って困らせてくれました。それでも『遠足で行く所は、水族館と科学館と工場です。ぜんぶ屋根があるところだから、雨でも遠足あるんだよ。』と教えると、『ほんと?』ととても安心していましたっけ

 遠足当日は、お弁当以外は全部自分で荷物を用意しました。

 普段学校の準備は人任せのなのに。ハンカチとティッシュも忘れずに

 リュックに隙間があるのが気に入らず、着替えの用意まで。素晴らしいです

 とってもテンションが高かったようで、普段は先生達か特定の子供にしか話しかけられないJoeですが、周りにいる子に『今日は遠足だね~』と嬉しそうに話しかけていました

 遠足先の科学館では、先生が一人Joeの近くにいたようですが、体験コーナーを積極的に動き回るJoeに先生がついて行けず『ここで待っているから、戻ってくるんだよ』と付き添いを諦めることに。

 すると、先生の指示通りに、もとに戻ってきたので、先生もとても安心されていました。

 出掛ける前は『誰とお弁当を食べよっかな~』と言っていましたが、結局先生と食べたようで。やはりなかなか同世代との交流は難しんですよね~。

 遠足から無事に帰ってきたJoeはとても上機嫌で、パイ工場の見学でお土産にもらったパイを兄弟に分けて嬉しそうに食べていました。

 

 夏休みに入り自主的にやらせている日記に、遠足の感想などを書くかと思いきや、話題はすっかり次の日の天気のこと。

Diary

 (日記上に、自分の名前を主張し、神様?にお願いする発想がユニークです)

 切り返しの早さに呆れつつも、余韻を残すことのないそのスパっとした潔さに我が子ながら思わず感心

 それにしても、小学2年生には見えない自由奔放な字

 それでも青い罫線を加えるとその間に字を書き入れられるようになりました。

 定規で青い線を描く練習もしていますが、なかなかの出来です

 今年の夏休みの私の目標。

 Joeが、

 ・短い文章を自分で考え書けるようにすること。

 ・習ったひらがな・カタカナ・漢字を書けるようにすること。

 ・定規で綺麗な線を引けるようにすること。

 今の調子なら、クリスマスにはサンタさんへ自分の意思を表現した手紙は十分に書けるようになっていそうな気がします。

 頑張ります

 

 

|

« もしかして幸せ者? | トップページ | 笑えない »

コメント

Joe君、リュックの用意を自分でしちゃったなんてスゴイですね!
科学館では、しっかり楽しんで先生の所へ戻れたようだし
パイ工場からは、お土産まで持って帰ってきてくれたんですね~。
自主的に日記も書いているなんてすごいです!
それも、ドンドン上手に書けるようになってきているようだし。
サンタさんへの手紙も、この調子なら書けそうですね  

息子達も字のバランスが悪いし、定規を使うのもすっごく下手です。
長男は、コンパスも全然上手く使えなかったんですが
ドイツの物は大きくて重くて使い難い・・・ と私も感じたので
日本で見てこようかな~ と思ってます。

投稿: pau pau | 2013年8月 4日 (日) 06時37分

Pau pauさんへ。

 楽しみにしていると、ついつい準備にも気合いが入っちゃうんですよね。私の方がお弁当の準備やJoeを送り出す準備ができてなくて、『はやく~』とせかされてしまいました
普段と違うことに緊張しやすい性質のJoeなので、少し心配でしたが、楽しんでこれたようでホッとしています

なるほど。コンパスが重いと使い辛そうですね!

字のバランスに加え、書き順もかなり自己流でま間近で字を書くのを見ると『あちゃ~』と思うこと度々です。定規はしっかり持つように教えても、すぐ動いちゃうし…。私もPau pauさんを見習って、どこが問題なのかちょっと考えてみようと思います。。

投稿: くろろ | 2013年8月 7日 (水) 06時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二男、遠足へ行く:

« もしかして幸せ者? | トップページ | 笑えない »