« したかがない! | トップページ | 支援級の先生は大変! »

支援級はおおわらわ!

 最近、二男Joeが籍を置く小学校の支援学級(知的)で、保護者の懇談会がありました。

 児童たった7名のクラスですが、保護者は全員出席。素晴らしい

 先生は、子供達の授業のため早々に抜け、後はお母様達同志の交流会。

 日ごろの心配ごと等、色々と話が出ました。

 そこで、はっきりと見えてきた子供達の様子。

 五年生を筆頭に、二年が5人、一年が一名の男の子ばかりの元気のあるクラス。

 基本仲良く遊んでいるようですが、中で一端喧嘩が始まると、空気が一変して子供達の性格によって対応がはっきり分かれるらしい。

 

いつも仲良し二人組のTくんとAくんは、二人で離れたところにさっさと避難。

 状況判断ができ、理想的な反応です

いつもは元気ですが、こういう場面では茫然と立ちすくむYくんとBくん。

 当人のお母様方は心配されていますが、これも一種の防衛手段かと

残る三人が、喧嘩の中心人物達ですが、お互いに火を油を注ぎ続けるので、問題!

 親たちはため息が出るばかりです・・・。

 喧嘩する三人のうちの一人は勿論、我が家のJoe

 しかも、喧嘩の原因は、Joeが友達の誘いに乗らないことによる時が多いとか。

 皆と一緒に遊びたい子 VS 皆と遊ぶのも好きだけど、読書時間も大切にしたいJoeという構図らしいです

 まあ、家でも弟と仲良くままごとやブロックで遊ぶ半面、絵本を読んだり工作をしたり一人で楽しむことが多い子なので、学校の様子も想像がつきます

 喧嘩が酷くなると先生が中に入り仲裁、時々『一人対一人は喧嘩だけど、二人対一人はいじめです』と教えるとか。

 Joeを含めて、全員衝動性が強い子達なので、先生も大変です

 日々、そんな状態の学級ですが、それなりにクラスが纏まっているのは、担任の先生の努力の賜物かと保護者全員で感謝。

 支援が必要な子達の教育に熱心な先生が来て下さって本当に良かったです

 とは言え、先生も保護者も心配なことが一つ。

 今でも二年生5人という一学年の人数としては多い状態に、来年の新一年生も同じぐらいの子たちがくるかもしれないという噂。

 支援学級が二クラスになることは必須。

 それ以上に先生達の手が足りなくなりそうで怖い。

 3年生は工場見学、4年生は校外の合唱コンクール、5年生は林間学校に30分間水泳に運動会の組体操、6年生は修学旅行…などなど行事が目白押し。

 

 担任の先生も『出来る子はどんどん交流級に一人で入れて、行事を対応してもらいます』と言っていましたっけ。

 想像すると、Joeには不安なことだらけですが、今から心配してもなるようにしかならないんですよね。

 Joeの今後の成長に大いに期待しましょ

 

 

|

« したかがない! | トップページ | 支援級の先生は大変! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支援級はおおわらわ!:

« したかがない! | トップページ | 支援級の先生は大変! »