« 幻の26位! | トップページ | 改めてのご挨拶 »

芸は身を助ける?

 最近、折り紙や工作、絵を描くことに興味を持ち始めた二男Joe。

 せっかくならば、少しでもその興味を深めてほしいと願い、絵画教室へJoeと共に見学しに行ってきました。

 本来は家から離れた場所にあるのですが、週一回近所の公民館をで出張教室を開いているとのこと。

 その公民館は、Joeが幼い時から慣れ親しんできた場所なので、場所見知りが強いJoeでも連れていくのも楽なのが良い。

 また15時から17時半の間いつでも参加O.K.というアバウトな始まりと終わり方も魅力的です。

 内容は子供達のレベルと興味に合わせて自由にやっていて、粘土を使う幼児がいれば、自分で絵付けした和紙を使って傘を組み立てている子がいる。その横で絵具を使っている子もいれば、折り紙をやっている子もいる。

 なかなか面白い空間で、Joeも紙と鉛筆を渡され、結構楽しんで絵を描いていました。

 来月から私の仕事の都合が付く時にJoeとともに参加してみようかと思っています(将来的には一人で行ってくれることを願って

 

 と、結構長い前置きになってしまったのですが、実は、今日書きたかったのは、この絵画教室が開かれた公民館前で会った女の子が教えてくれた話

 Joeの交流級先のクラスメートであり、去年は学童保育所でも一緒だったAちゃん。

 面倒見が良い子で、Joeや私に会うと必ず挨拶をしてくれます。

 たまたま絵画教室の見学に行った時、他のお友達二人(共にJoeを知っていた様子)といたところに出会い、最近のJoeの様子を知らせてくれました。

 『Joeくん、毎週火曜日に2年1組で一緒に給食食べるんだけど、毎回ダジャレを沢山言って皆を笑わせてくれるんだよ。今大人気なんだよ~。』と。

 支援級の先生からも同じような話を聞いていたのですが、直々に当のクラスメートの一人から同じことを聞くと、ちょっと嬉しい

 『人気者』というのはオーバーかもしれませんが、一緒に笑ってくれる人がいることはJoeにとっても嬉しいはず。

 長男Boeが小学校一年生になってから借りるようになった『怪傑ゾロリ』の本やDVDにすっかりはまってしまったJoe。

 ここから仕入れた親父ギャグのレパートリーはかなり豊富です

 もう何年も聞いてきた親父ギャグに、家族は若干呆れ気味ですが、Joeが培ってきた芸も多少『身を助ける』のに役だったようで。

意外なものに助けられた感がありますが

 いつまで、周りの子たちが一緒に笑ってくれるかは???ですが、交流級での食事を楽しく過ごすきっかけとなったようで、まあ良かったと思いましょ。

 

 

|

« 幻の26位! | トップページ | 改めてのご挨拶 »

コメント

交流クラスで楽しく過ごしてるなんて羨ましい。
きっと楽しい給食の時間なんでしょうね。^^
そういった情報を生で聞くと嬉しいかも!

息子は最近空回りでお友達にふられっぱなしです。
毎日ぐちぐち家で言ってるの。
息子曰く突然怒りだすって
相手のせいになっちゃうんだよね。(。-_-。)

投稿: めいめいママ | 2013年12月21日 (土) 20時08分

めいめいママさんへ。

お返事が遅れてごめんなさい!
交流級でいつも楽しく過ごしているかどうかは不明ですが、一緒に笑える時があると聞いてホッとしました。
友達づきあいの中でからかいの対象になったり、避けられたりもある様ですが、そういう相手からは自分から距離を取り、特に文句も言わない時が多いのがちょっと気になりますが。

息子さんはお友達と関わるのが大好きなんですね。だから悔しくなるんですね。
Joeにはちょっと無い感情かな。
それもまた羨ましいです。

投稿: くろろ | 2013年12月28日 (土) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸は身を助ける?:

« 幻の26位! | トップページ | 改めてのご挨拶 »