« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

Aの次は、Bです

インフルエンザA型から快復し、今日から職場復帰です。
仕事場の人、家族も誰も私からは感染しなかったようで、ホッとしていますsmile




確かに、私からは感染しなかったのですが、今日から発熱した者が1人。

三男Leoが、インフルエンザBになってしまいましたgawk




今度は、感染しないように注意しないとsweat01

来週は、母の引越しもあるのに…。




Leoは、6年前の新型インフルエンザ以来の感染じゃないかな❓




来る時は、色々来るんですよねsign04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二男と三男の冒険 Part 2

 二男Joeと三男Leoは二人で初めての新幹線の旅をこなしてから(詳細はこちら)、ちょっとだけ自信をつけた二人は、今度は二人でバスbus乗車にチャレンジさせてみましたwink


 目的地は、私の職場近くにあるショッピングモールのバス停。

 距離としては、家のバス停から10分ほどですが、今回は、前回の新幹線の旅とは違って、見送ってくれる人も切符を用意してくれる人もいません。
 他の家族が全員留守な家から二人で出掛けなければなりません。
しかも、普段利用しないバスで、利用したことも無いバス停から、バスで出掛けたことも無い場所を目指すのです。
 二人には、一気にハードルが上がりましたが、現在自信をつけているところをチャンスと捉え、やらしてみることにしました。

 事前に準備したこと、教えたことを次の通り。
 ・バスの出発時刻とそれに乗るために家を出なければならい時刻
 ・バス停までの行き方を描いた地図、乗車から降車位置までの路線地図
 ・バスの乗り方のメモとバス賃とキッズ携帯
 ・家を出るときに、必ず家の鍵を閉めること
 ・ママは降車するバス停まで迎えにいくから、そこで待つこと。

 あとは二人の行動に期待して、私とClolo夫は職場へ、長男Boeへ部活のため学校へ出掛けていきました。


 家を離れてから約3時間後。
二人とショッピングモールのバス停で待ち合わせた12時半より10分ほど遅れて到着したバスには、二人とも無事に乗っていましたhappy02

バスを降りる際に、Joeがお金を用意していず、降りるのに戸惑い、運転手さんや後ろにいた降りようとするお客さんに若干迷惑をおかけしましたが、なんとか二人で来ることが出来ましたscissorsgoodscissors
 
 その後は、ご褒美に、バス停近くの、お洒落なイタリアンレストランでランチをして、Leoの希望の映画『キングコング』を見て、家に帰ってきました。
 『今日の冒険、最高だったheart04 今度は、別のところまでバスに行く!』と大いに盛り上がっている二人。
 またしても、自信をつけたようで。今回は、Leoの途中下車が無くて本当に良かったconfident


 次は、どこに冒険にいってもらいましょうかwink
 
 本人達は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三男のADHD検査結果

 先日も、予想外の行動をした三男Leo(詳細はこちら

 実は、以前から通っているメンタルクリニックでの、心理士さんとのやりとりの中での自分本意な様子や、医師との面談時に勝手に部屋を抜け出してしまう様子、家庭での衝動的な様子から、ADHDの検査をすることになりました。
 
 受けた検査は、『ADHD評価スケール ADHD-RS』。
これは、ADHDの重症度を判断するための評価スケールであり、検査対象者と関わる人間が18項目の質問に対し0~3点の4段階評価を行い、合計点数を記録し判断するものです。
 小学校の担任の先生にも協力して頂き、学校での評価と家庭での評価を組み併せて判断を行いました。

 その結果、現段階のLeoは、ADHDの
  ・不注意型   ・多動衝動性型   ・混合型
 のいずれにも、診断される可能性は無い』と判断されました。

 この結果には、医師も心理士さんも驚いたようですsweat01
心理士さんは、小学校に電話して担当の先生に再度確認してましたっけ。


 ただ、私が授業参観などで学校でのLeoの様子を見る限り、Leoは、運動や国語の読み取りなど出来ないことがあったり忘れ物が多かったりはするものの、集団には普通についていっており、楽しく授業を受けているように見え、学校では現段階ではLeoのことを問題視はしてないようで。

 つまり、学校と家庭では、様子が違うという事。まあ、分かっていたのですがcoldsweats01



 現段階では、ADHDではなさそうだということに対しては一安心ですが、気になることは、ADHDの検査と同時に受けた描画検査の結果。
 
 『描く力が育っていない』ことに加え、筆圧や線の描き方から、『自分の自我や感情や衝動的なところを随分抑えて、周囲に対して適応しようと振る舞っている。しかし、上手くいかずに葛藤を抱えている。このことから、周囲に対し警戒心を抱いていることが考えられる』という結果が出てきました。

 たった7歳児に、葛藤? 
 あのLeoが、警戒心?

 Leoは絵を描くことが苦手で、描くことに対していつも『僕下手だから描きたくない』と言っているので、検査とは言え無理に絵を描かせられたこんな結果が出てきても・・・・とも思うのですが、ADHDの検査の結果も学校や学童保育所でのLeoの評価と、家庭での評価の違いからみても、まんざら間違いでも無いようなthink

 結構、ショッキングな結果でした。



 いよいよ、今月から新しい学年です。

新しい先生に新しい学級で、Leoにとって、どんな一年になることやら。
心配事もありますが、今年度も、子供達の様子を見守り続けたいと思いますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二男と三男の大(?)冒険 

 ブログの更新は滞っていますが、書き留めておきたいことは、子供達のこと、家のこと、母のこと等など、沢山あるので、少しずつ書いていければと思っていますconfident



 さて、最近の我が家のニュースと言えば、二男Joeが三男Leoを引き連れて新幹線にのってClolo夫の実家へ遊びに行ったこと、でしょうか。



 長男Boeは、就学前から一人で祖父母宅へお泊まりをしたり、低学年の頃から一人で新幹線に乗っていますが、恐がりなJoeや甘えん坊のLeoはいまだ未体験なこと。
 子供だけで出掛ける時には、いつも頼りになる兄Boeの後ろにくっついて行動してきた上に、親なしでのお泊まりなんて無理!と避けてきましたcoldsweats01

 とはいえ、いつまでも、兄を頼りになんて生きてはいけないので、この春休みを機に、JoeとLeoの二人をClolo夫の実家に一泊二日で送り出した次第で。


 初めて引率者となるJoeには、降りる駅までの停車する駅の数を伝え、予期せぬことがあったときに備えキッズ携帯を持たせておきました。
 出発する駅のホームまでは私が見送り、降りる駅のホームまで義母に迎えに行ってもらうように手配。

 要は、新幹線におとなしく乗っていれさえすれば、何も問題なくクリアできるミッションですが、出発直前までとても不安そうなJoeと意味も無く自信ありげなLeoとはかなり対照的な様子は、こちらも不安に感じてしまうほどでしたcoldsweats01

 それから、二時間後義母より無事に二人と会えたと連絡が来ました。
 いやはや、安心しましたhappy01


 
 翌日に私が義母宅に二人を迎えに行ったら、今回の冒険のご褒美に買ってもらった漫画や図鑑を持って嬉しそうにしている二人がいました。
 お泊まりも、義妹が一緒に寝てくれたお陰で安心して眠れ、日中は、買い物に行ったり、義母宅の愛犬Gくんと遊んだり、公園で足けり玩具のスクーターで遊んだりと楽しい時間を過ごしてようです。

 小さいことですが、また一つ、子供達が出来ることが増えて、良かったですconfident


 一日ぶりの再会を果たし、家路についたところで判明したこと。
 
 Leoは決しておとなしく新幹線にいたわけではありませんでした・・・。
途中の駅でおりて、コーラを買ったとのこと・・・。
無事に、同じ新幹線に乗れたから良かったものの、もし、Leoがホームにいる間に新幹線が発車してしまい、新幹線内でJoeがパニックを起こしたりしたら、Leoが更に勝手な行動をしようとしたら等など想像したら恐ろしいことですsweat01



 子供達の成長を感じつつ、ダークホース的に問題を起こすLeoの存在を再認識した今回の出来事でしたthink
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ