« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

手洗いの大切さ

 本日の検索サイト「GOOGLE」の文字を飾るのは、ドイツ系ハンガリー人の医師、センメルヴェイス・イグナーツさん。消毒法の先駆者であり、手洗いの大切さを見つけた人だそうで。

今や、みんなが当然のこととして知っていることですが、最初は、周りの人に受け入れられなかったというのは、驚きです。

 

 新型コロナウィルスの蔓延で、菌の感染予防に手洗いが重要であることが改めて認識され、世界的歌姫や俳優がYou TUBEでその重要性をアピールしているとか。

 

 そう言えば、今から3年ほど前、手を洗うのが好きではなかった二男Joeに、夏休みの宿題「自由研究」で、『病気にならない手の洗い方を調べる』というテーマで研究をやらせたことがありました。

 

 30分ほど庭で草むしりをしたJoeと三男Leoの、それぞれの右手と左手を使って、

①水だけで10秒間洗った手

②石けんで10秒間洗った手

③石けんで20秒間洗った手

④洗わなかった手

と4つの状態の手を準備し、その手で食パンをべったり触り、数日後どれだけカビが生えるか観察してみました。

 

 その結果がこちら。

Img_20200320_222103_20200320225901

 画像が見にくいですが、5日間放置したパンを比べると、洗わなかった手で触ったパンはカビが一杯ですが、石けんで20秒間洗った手で触ったパンは手で全く触らなかったパンと同程度にカビの発生を抑えられたという結果でした。

 

 最初の手の汚し方に差が無かったの?  草むしりの後の手が汚いのは当たり前じゃん! 洗う時間はもっと長い方が良いのでは?とか突っ込みどころ満載の研究レポートですが、こども達が少しだけ手洗いの重要性を知ってくれたので、やった効果はあったかと💕

 

 時間だけでなく、爪の間や指の付け根、手首もよく石けんで洗って、新型コロナを予防したいですね!

 

 

 

| | コメント (0)

布マスクを作る

 とうとう、新型コロナウィルスの流行は「パンデミック(世界流行」というレベルになってきてしまいました。

 日常品の入手にも影響が出てくるなど、日増しに大変なことになってきています。

 

 我が家が一番困っていることは、マスクが手に入らないこと。

家族3人が花粉症という我が家ではこの時期マスクは必需品。

毎年、シーズン前に使い捨てタイプを多めに購入してはいるのですが、大分少なくなってきました。💦

 これから先、家族の誰かが新型コロナウィルスに罹るかもしれないとかんがえると、

今日本全国不足しているマスクは大事に取っておかないと😖

幸い、花粉を妨げるには布製のマスクでもそこそこ効果があるそうなので、「手作りマスク」を作ってみました💕💕


お祭りの手ぬぐいや、着古した者シャツ、あまり切れ等など、楽しくて沢山作ってみましたが、会社に着けて行くには少し派手かも💦💦



Photo_20200317232401
Photo_20200317232402

 

まあ、最近使い捨てマスクも大分カラフルになってきたので、これぐらい許容範囲でしょうか??

 

 世界でも珍しい、マスク大国の日本。

 マスクは、菌の感染者がすると感染拡大防止に効果があり、元気な人がしても感染予防効果は低いことは周知の事実ですが、咳やくしゃみが出たらマスク、肌や喉の保湿のためにマスク、花粉除けにマスク、吹き出物やノーメイクを隠すためにマスク等など人がマスクをすることに違和感がない日本だから、新型コロナの急激な蔓延を防いでいるのかも???しれませんね。

 マスク業界の方は大変ですが、医療機関を始めマスクが不足している現場の早期の解消を切に願っています。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »