c4.二男のこと(年長)

進化する支援学級

 いよいよ、小学校での新年度が始まりました。

 長男Boeも二男Joeも元気に登校しております。

 先月、6年生の頼れる『超』美人(少女用の雑誌の読者モデルもしたりする)お姉さんが卒業してしまい、華shineを失ってしまったdownJoeがいる支援学級『あおい学級』ですが、新たに、新一年生と二年生の男の子二人を迎え、男の子計7人となり、これまで以上に元気あふれる学級にパワーアップupしていますcoldsweats01

 『あおい学級』は、昨年4月に出来たばかりの支援学級で、支援学級や支援学校での指導の経験を積まれてきたN先生を中心に、少しずつですが学校の中での存在を確立してきました。

 支援級の歴史が長い小学校や、複数の支援級がある小学校に比べると、まだまだ試行錯誤のことが多く、N先生が他の先生や私達保護者と密に連絡を取り合い、進めて下さっています。

 前々から小学校の普通学級に籍を置き、支援学級の新設とともに籍を変えた上級生は、出来る科目から交流級で過ごしていましたが、新設とともに入学したJoe達は、毎日の掃除の時間や、運動会やマラソン大会、遠足等の行事の時に交流級の児童達と交流する程度に留まっていました。

 しかし、設立2年目を迎えた今年度の『あおい学級』は少し、変わります。

 学級の子供達全員、交流級の朝の会に参加してから、『あおい学級』での授業をすることになりました。

 そして、去年は『あおい学級』でばかり授業を受けていた子供達も全員、少しずつ交流級での授業をするようになっていくようです。

 これは、凄い進歩ですhappy02

 

 受ける授業は子供によって違うようですが、Joeは、音楽と体育を受けることになりました。

 一年生の時と同じ、Joeの交流級の担任をされているK先生が、『Joeくんとはアイコンタクトが出来るようになったから、交流級で引き受けましょう』と言って下さったようで、週に1、2回支援員の先生とともに、普通学級の授業を受けてきてます。

 小学校の入学時から、毎日、放課後は学童保育所で普通学級の子供たちと一緒に過ごしていましたが、授業となると雰囲気も違うので、大丈夫かな??と不安もよぎりますが、K先生がやる気十分ということで、Joeが楽しく過ごすことを期待しているところですwink

 とは言え、私自身はJoeの交流級の児童や保護者の方とほとんど面識がなく、少しドキドキheart02

 学童保育所では、Joeは大きな問題を起こすことなく過ごしているようですが、居るだけで独特の雰囲気を出しているようで、よく『Joeくんのお母さん』と声を掛けられ、色々な報告を受けますsweat01

 交流が増えると、さらに報告も増えるかとcoldsweats01

 

 まあ、それだけJoeの存在が(良い意味でも悪い意味でも)浸透していくということなので、喜ぶべきかもしれませんが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二男の保育園最後の成長

 とうとう、二男Joeの保育園生活が終わりましたshine

 最後の週というのに、風邪をひいてしまい二日も休んでしまいましたが、Joeは、残された保育園の日々を楽しもうとしてか、家にいるときから翌日の遊びを色々と考え、準備してました。

 『ほいくえんで、ニンジャごっこをしたい』と言い、折り紙で作った手裏剣や臭い玉を用意し、当日は上下黒い服を着たり。

 『ほいくえんで、ゴルフをしたい』と言いだし、新聞紙でボールとクラブを作ったり。

 基本、保育園には私物を持参してはいけないので、用意したものを使って良いかは、Joeが自ら先生に交渉。

 私に突かれつつも、Joeなりに、言葉を考えて(先生も選んで)『ぼく、これもってきたんだけど、ほいくえんであそんでもいいですか?』と許可を取っていましたっけ。

 『クリスマスパーティーごっこ』という季節外れな遊びまでも、考案するので、お友達が一緒に楽しんでくれる時もあれば、シラ~として相手にしてもらえ時もcoldsweats01

 『そんな、遊びやらない~』と言われて無視されても、怒らずに『○×ごっこをしたっかたのに~』といいながらお友達のそばで大人しく絵本を読み始めるJoe。

 少しは、周りの雰囲気を読めるようになったかなscissors

 年長さんになっても、工作には興味が無く、ハサミも上手く使えなかったJoeですが、最近覚えた牛乳パックとトイレットペーパーの芯で作る犬の模型作りは、とても気に入ったようで、三日連続作ってきました。

 

 想像力が沸いている最中なのか、家でもレゴで作る作品が高度化しているので、驚いています。

 卒園式を終えた2週間に、沢山の成長を見世てくれて、驚いています。

 保育園での成長の集大成のご披露といったところでしょうか?

 振り返れば色々とあった保育園生活ですが、彼にとって一番落ち着ける場所になっていたのは確かだと思います。

 優しい先生達と、生後6か月の時から慣れ親しんだお友達。

 会えるのは最後ではありませんが、お互い生活の場が変わるので、寂しくなります。

 来週からの環境の変化に、Joeがどう反応するか本当に??ですが、寂しさを乗り越えて、新しい生活を一歩ずつ進めていかないとッ、ですねconfident

 『かっこいい一年生』を目指して頑張ろうね!Joeくんhappy01

↓Clolog.も参加しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二男の卒園式

 とうとう、二男の卒園式を終えました。

 式前夜には、『お別れはいやだ~weep』と言ってエ~ンエ~ンと泣き、当日朝は、『長いズボンじゃないと嫌だangry』と用意した半ズボンのスーツを着るのを拒否sweat01

 式場の保育園に行く前から大騒ぎでしたcoldsweats01

 それでも、保育園に着くと、気持ちが切り替えられたのか、玄関で出迎えて下さった先生方に『せんせい、おはよう~』と元気に挨拶をして、お友達が待つ部屋に一人行ってしまいました。

 普段と違う事が大の苦手だったJoeが成長したものですconfident

 事前の練習では、もぞもぞしたり、立つべきところが立てなかったりするものの、席を離れたり、騒いだりすることは無いという話だったので、少しは落ち着いてJoeの晴れ姿を見れるかも?と期待も膨らみ、感きわまって泣き出すかもと思ったりして。

 21人のお友達と共に卒園生として入場したJoe。

 落ち着いていて安心しましたconfident

 卒園証書授与では、在園期間が長かった子の順に名前が呼ばれ、担任の先生からそれぞれの子に対し、小さなエピソードを紹介される中、子供は壇上に進みます。

 園長先生から、『おめでとう』という声ととともに証書が渡され、「ありがとう」と受け取る子供達。

 他の子供達の様子を見ながら、最後に近いJoeの番を今か今かと待っていましたが、最初の数人のところで、予想外の邪魔が。。。

 それまでなんとか大人しくしていた三男Leoが飽き始め、ブブブッと音を出したり、歌い始めたりsweat01

 結局、Leoとともに部屋を出ることにweep

 それでも、廊下から窓越しに覗いていて、Joeの出番の直前に部屋に戻り、なんとか、メインの場面だけは見ることが出来ました。

 名前が呼ばれると、Joeの返事と共に『は~い、ぼくぼく!』というまさかのLeoの声wobbly

 一瞬周りから笑いが上がりましたが、そんな声も気にせず、Joeは園長先生から証書を受け取ることが出来ましたconfident

 担任の先生からは『Joe君が、毎日出してくれたなぞなぞ(『怪傑ゾロり』に出てくるもの)はとても面白く、みんなで楽しめました』という温かい言葉、ジーンときてしまいました。

 Joeが席に戻るのを確認し、再び部屋を退出し、後は夫に任せました。 

 一時間以上の式の間、なんとかその場に居れた(やはり、そわそわダラダラはしていたそうでsweat01)Joe。

 すっかり達成感を得たようで、その後の写真撮影や、ミニ懇談会では『かえる~』コール連発でしたっけcoldsweats02

 

 他の子供たちのように、お友達同士並んだ写真を沢山撮りたかったんですが、本人が嫌がり、断念。

 お友達と遊んでいたり、ふざけていたりする場面、大好きなHちゃんとBoeが無理やり並ばせた場面など、ちょっとだけ納めて良しとしましたcoldsweats01

 

 主役のJoeはもちろん、Leoにも振り回された感のある卒園式でしたが、なんとかお友達と一緒に過ごせて良かったですconfident

 卒園式は終えても、今月最後まで通う保育園。

 残り僅かな日々を思いっきり楽しんで欲しいです。

↓Clolog.も参加しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二男の複雑な気持ち

 二男Joeは、4月からの小学校入学をとても楽しみしていて、毎日、『ぼく、しょがくせいになれる?』、『ぼく、あさはやくおきれるようにならないと』と家でも、保育園でも何度も何度も繰り返していますcoldsweats01

 先月の誕生日には、大好きな青色のランドセルを購入し、とても喜んでいました。

 しかし、最近、お別れ会を始め、最後の遠足、最後のお弁当、最後の礼拝、最後のリトミック等々、『最後の・・』が続いた上に、卒園式の練習が本格化し、保育園を離れる寂しさ、お友達と離れる悲しさを感じるようになってきてしまった様子。

 『ぼく、おわかれ、かなしいよ~』、『ぼく、おわかれ、いやだよ~』と言って私に抱きついてくることが増えていますsweat01

 今まで、Joe自身の転園はもちろん、お友達が転園していったりと、『お別れ』を何度か経験してきてはいるものの、そのことを意識せずに(出来ずに?)過ごしてきたJoe。

 卒園を機に、初めて『お別れ』を意識できるようになったようですconfident

 心の成長、お別れを惜しむような場所で過ごせたこと、親としてとても嬉しいですが、はたしてJoeは人生初の『お別れ』を乗り切ってくれるかな?

 卒園、入学が迫り、親も子も、心せわしくなってきたこの頃ですconfident

↓Clolog.も参加しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年長さんお別れ会

 来週末の卒園式の一足先に、年長さん達の『お別れ会』が開催されました。

 0歳児から年中さん全員が集まるホールに、卒園する年長さん達が一人ずつ入場。

 入場したら、今度は、一人ずつ名前と入学する小学校の名前を紹介。

 二男Joeも、『●●Joeです。a小学校へ行きますhappy01』と元気よく言えたとかheart04

 続いて、在園生の全クラスがそれぞれ、年長さんへ感謝の気持ちを込めて、歌やクイズをご披露。

 0歳児のクラスも、一芸披露するそうなので、先生達も大変ですsweat01

 因みに、1歳時の三男Leoのクラスでは、振り付きで『おおさかにはうまいもんがいっぱいあるんやで~』を歌ったとか。

 この歌が大好きなLeoは、前でノリノリで歌ったそうで、Joeも楽しんだ事でしょwink

 最後は、年少さん、年中さんが、秘密で用意したプレゼントを、年長さん1人ずつ手渡しして終了に。

 プレゼントを持って、誰に渡そうか戸惑っている小さい子に、『ここだよ~』と声を掛けてプレゼントをもらったというJoe。

 多少は年長さんらしく、会に参加できたようで良かったです~confident

 最近、『ぼくたち、しょうがくせいになるんだね~』、『ぼくしょうがくせいになれる?』と度々口にし、小学生になることを心待ちにしている様子のJoe。

 なかなか興味が持てなかった字も、ひらがななら少しずつ読めるようになりましたhappy01

 

 4月から、a小学校の新設の『特別支援学級』に入ることになりますが、学校からは連絡が無く、このままいくとその体制が全く分らないまま、入学式を迎えることになりそうで、ちょっと不安sweat01

 どうま、今のわくわく気分のまま、楽しく学校に通えますようにconfident

  

 

 ↓Clolog.も参加しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒園式への不安

 いよいよ、今月半ばに二男Joeが通う保育園の卒園式を迎えます。

 昨日から、卒園証書の授与や、入場の練習も始まりました。

 二男Joeも、名前を呼ばれると『ハイっsign01』と元気に答えることができたたとかhappy01

 と、同時に不安要素が発覚。

 それは、ト・イ・レ

 実は、今年になってから、急に、頻尿になってしまってsweat01

 普段の生活の中でも、一時間に数回トイレに行きますが、初めての場所や緊張が加わると、トイレから出てきたかと思うと、再びトイレに駆け込むということが続きます。

 小児科で相談するも、『夜はトイレに起きないなら、精神的なものでしょう。周りはあまり気にしないように』と言われ、気にしないようにしているのですが。

 症状は一向に改善せずに、これからの環境の変化で更に悪化しないか心配ですthink

 案の定、卒園式の練習でも、何度かトイレに行っていたようでbearing

 保育園の先生に相談すると、『卒園式は長いですから、Joeくんを一番トイレに近い場所に座らせようと思いますから、心配なさらないでください』と、心強い返事がheart04

 一昨年の長男Boeの卒園式には、家族全員で観客として出席を試みたものの、大人しく出来ず、開始直前に他の先生に引き取られ、会場を後にしたJoe。

 去年は、卒園生を送る立場として出席する必要があったものの、大人しく出来そうになく、当日欠席したJoe。

 今年は、とうとう主役の立場ですが、相変わらず大人しくするのは苦手なJoe。

 トイレの心配もありますが、どうなることやらcoldsweats01

 まぁ、Joeが大人しく卒園式を迎えられるようなことがあったら、私が感動して式中に号泣してしまいそうで怖いんですが・・・。

 

 

 

↓Clolog.も参加しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二男、6歳になる

 二男Joeが、とうとう6歳になりました。

 6歳というと、小学校に入学する歳。本当に大きくなりましたconfident

 3歳の誕生日の頃は、話せる言葉が数語で、『この先どうなるの?』と心配しました。

 言葉が出てない頃には、『ママと呼ばれる日がくるの?』と不安に思いました。

 6歳になったJoeは、『ママ』はもちろん、色々と話せるようになりました。

 とは言え、乱暴な口調は、年相応の男の子みたいですが、同じことを繰り返し、一方的な会話ばかりで、困ったものですsweat01

 クラスのお友達は、『何言ってるんだ、Joeくんは~』と思いつつもJoeに付き合ってくれる姿もあるので、幸せなことですconfident

 最近は、『Kくんと、おちたくつしたごっこしたいよ~』といって、保育園に行きたがるので、Joeなりにはお友達との関係を楽しんでいるようで。

(‘おちたくつしたごっこ’の内容に興味がありますが、本人からは聞き出せず、残念!)

 相変わらず、出来ないことが多いですが、出来ないことが出来たときの喜びはひとしおで覚えが早い長男や三男に比べ、育児のし甲斐がある子供であることは確かです。

 とは言え、正直Joeののんびり成長は、見ていて歯がゆいことが多々ありますが・・。

 それぞれの子供に、それぞれの成長スピードがあるんですよね。

 来春入学予定の小学校の先生が、入学説明会で仰っていました。

『みんな違ってみんな良い。どの子も認めあえる小学校にしたいと思います。』と。

 私も、Joeの成長を『個性』と言えるようになり、Joeの欠点ばかりに目を向けるのではなく、Joeの長所を沢山見つけられるようになっていたいなと思いますconfident

Clolog.も参加しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二男、小学校を楽しむ

 もうすぐ、6歳の誕生日を迎える二男Joe。

 保育園の年長さんになってからは、『これ、おれのだ!』、『おれ、Boeとけんかしてるんだ』、『Boeなんて、だいっきらい。Boeなんて出てけ』、『どけ~』などなど、口調が乱暴になったことに加え、なんだかいつも偉そうにふるまっていることが増えました。

 Joeなりに、最上級生になったことをアピールしているようでcoldsweats01

 その外面に対して、中身が追いついていないのが見え見えで困ります。

 上級生ぶりたいなら、小さい子には優しくすること、周りのお友達と仲良くすることをぜひ覚えて欲しいものですthink

 まあ、そんなJoeの成長度合はともかくとして、4月にはめでたく小学生の仲間入りconfident

 小学校の雰囲気に少しでも慣れさせたくて、先日あった長男Boeの小学校の一日公開日に、Joeも連れて見学に行ってきました。

 見学したのが国語の時間で、『顔』の部分の漢字の読み方の練習をしていました。

 児童達が、『みみ、くち、め・・・』と音読していくのに、少々遅れて、『みみ、くち、め・・・』と顔の部位を指しながら大きな声で繰り返すJoe。

 心は既に、『小学生気分』のようですcoldsweats01

 Boeの担任の若い男の先生はこれには苦笑ぎみ。

 「そうだね~、一緒にやりたくなっちょうよね~』と優しいフォロー。

 

 国語の授業の後は、校庭での全学年合同の『長縄跳び大会』、各学年混合チームを作り、2分間に飛べた回数を競います。

 それを、全学年の保護者が見学。

 未就学児の兄弟達は、校庭の周りにいる遊具で、勝手気ままに時間つぶし。

 Joeも、小学校の遊具に喜んで遊んでいましたhappy01

 その後は、校長先生の挨拶に、保護者と教師の懇談会と続くはずでしたが、Joeが、私と離れるのを嫌がり、早々に帰宅。

 私としては、若干不消化な公開日でしたが、Joeは、何度も『しょうがっこう、たのしかったね~』と嬉しそうに話していました。

 この調子で、小学校を楽しんでくれますように!

 ↓Clolog.も参加しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入学通知書、到着!

 待ちに待った、二男Joeの入学通知書が到着しました。

 入学先は、『a小学校』。

 長男Boeが現在通っている小学校です。

 記載してあった整理番号にはアルファベット二文字と『04』という数字があったけど、支援級に入る4番目の子供ということかしら??

 そうであれば、お友達も多く、楽しそうheart04

 一枚の紙を見ながら、想像が膨らみません。

 今年半ばには、今の学区から引っ越すことになるので、入れるか心配でしたが、希望通りの通知書が来てホッとしています。

 最近、Joeと喧嘩ばかりしているBoeですが、一緒の学校に行くということに、多少、喜んでいますcoldsweats01

 衝動性が強いJoeなので、『小学校に入る』と聞いて、直ぐにでも通う勢いになっても困ると思い、ランドセルすらまだ買っています。

 でも、来月にある誕生日には、ランドセルをそろそろ買ってあげようかなwink

 某通信教育の宣伝DVDのお陰で、小学校にとても惹かれているJoe。

 どんな新一年生になるか楽しみですhappy01

 とは言え、その前に、卒園式、入学式があるんですよね~。

 無事、終えられることを心から願います。

 

 

 ↓Clolog.も参加しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二男、隠し事をする

 最近、我が家の寝室の壁掛け時計が、突然姿を消しましたwobbly

 高さ1メートル80センチほどの場所に掛けてあった、直径30センチほどの丸い時計。

 消えるには大きすぎる品です。

 心当たりがあると言えば、最近時計に興味を持ち始めた二男Joeが、懸命に、針の先を指さし、時間を読もうとしていたこと。

 Joe本人はもちろん、他の家族に聞いていも返事は『知らない』

 不便を感じたまま過ごすこと数日。

 昨晩、扉付きの本棚の中からガラスにひびが入った状態の時計が出てきましたsweat01

 Joeに時計を見せて聞くと、『ぼく、しらない。Leoくんがやったんだ』と繰り返す。

 知らないといいつつ、弟が原因という点は、明らかに怪しい。

 『ママは怒らないから、本当のことを言って』と伝えて、『Joeがやったの?』と聞くと、素直に『うん』とうなづきました。

 想像するに、時計を触りたくなって、椅子に乗って取ったまでは良かったけど、そのまま落として割ってしまったようです。

 ガラスの破片が飛び散ら無かったのは、不幸中の幸いでした。

 その場では、『壊したら、隠すのではなく、すぐにママに知らせ、謝ること。隠す事、嘘は良くないこと。人のせいにすることも良くないこと。』を伝え、終わりにしましたが、内心Joeがこんな行動をするようになったことに驚きました。

 悪い事をしたことに気が付き、証拠を隠し、嘘をつく上に、弟のせいにする。

 すなわち、『誤魔化した』わけで。

 なんだか、一人前の子供です。

 今までは、壊したら、そのまま逃げる、知らんぷりをする、だったのに。

 悪いことをしたのに、成長を感じるのも変ですが、「壊した=怒られる 隠す=ばれないすなわち怒られない」ということが予想出来るようになった証拠では?と、少し感心してしまった出来事でした。

 とは言え、「壊したら、謝る」が未だに、身についていないのは困りものですがthink

 今後は、「壊したら、謝る」はもちろん、「誤魔化さない」を身につけて欲しいものです。

 

 ↓Clolog.も参加しています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)