e.三男のこと

三男のADHD検査結果

 先日も、予想外の行動をした三男Leo(詳細はこちら

 実は、以前から通っているメンタルクリニックでの、心理士さんとのやりとりの中での自分本意な様子や、医師との面談時に勝手に部屋を抜け出してしまう様子、家庭での衝動的な様子から、ADHDの検査をすることになりました。
 
 受けた検査は、『ADHD評価スケール ADHD-RS』。
これは、ADHDの重症度を判断するための評価スケールであり、検査対象者と関わる人間が18項目の質問に対し0~3点の4段階評価を行い、合計点数を記録し判断するものです。
 小学校の担任の先生にも協力して頂き、学校での評価と家庭での評価を組み併せて判断を行いました。

 その結果、現段階のLeoは、ADHDの
  ・不注意型   ・多動衝動性型   ・混合型
 のいずれにも、診断される可能性は無い』と判断されました。

 この結果には、医師も心理士さんも驚いたようですsweat01
心理士さんは、小学校に電話して担当の先生に再度確認してましたっけ。


 ただ、私が授業参観などで学校でのLeoの様子を見る限り、Leoは、運動や国語の読み取りなど出来ないことがあったり忘れ物が多かったりはするものの、集団には普通についていっており、楽しく授業を受けているように見え、学校では現段階ではLeoのことを問題視はしてないようで。

 つまり、学校と家庭では、様子が違うという事。まあ、分かっていたのですがcoldsweats01



 現段階では、ADHDではなさそうだということに対しては一安心ですが、気になることは、ADHDの検査と同時に受けた描画検査の結果。
 
 『描く力が育っていない』ことに加え、筆圧や線の描き方から、『自分の自我や感情や衝動的なところを随分抑えて、周囲に対して適応しようと振る舞っている。しかし、上手くいかずに葛藤を抱えている。このことから、周囲に対し警戒心を抱いていることが考えられる』という結果が出てきました。

 たった7歳児に、葛藤? 
 あのLeoが、警戒心?

 Leoは絵を描くことが苦手で、描くことに対していつも『僕下手だから描きたくない』と言っているので、検査とは言え無理に絵を描かせられたこんな結果が出てきても・・・・とも思うのですが、ADHDの検査の結果も学校や学童保育所でのLeoの評価と、家庭での評価の違いからみても、まんざら間違いでも無いようなthink

 結構、ショッキングな結果でした。



 いよいよ、今月から新しい学年です。

新しい先生に新しい学級で、Leoにとって、どんな一年になることやら。
心配事もありますが、今年度も、子供達の様子を見守り続けたいと思いますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一人の新入り君

 二男Joeの新しい友達(?)ロビジュニアの他に、我が家にやってきたのがもう一人。
 こちらの、掃除ロボットのBrava君shine
Braava
 
 
  元祖掃除ロボットのRoonbaを販売したiRobot社の、掃き掃除と水拭き専門ロボットです。
 
 
 10年以上前に、初期タイプのRoonbaを頂いたことがあったのですが、勢いよく掃除をしてくれたため我が家の角の部分に直撃し部分的に壊してくれたこと、幼かった子供達がRoonbaの動きを怖がり逃げ回ったこと、保育園生だった長男Boeが『うちではロボットが掃除をする』と言ったら周りの子に『嘘つき!』といじめられたこと等により即お祓い箱にしたので、正直良いイメージを持っていませんでした。
 
 しかし、周りの人が掃除ロボットを使うことが増え、性能も高まったようなので改めて、購入してみたところ、結構働いてくれて驚いています。
 ゴミを吸い込むタイプだった当時のRoonbaとは異なり、音も静かで、動きもスムーズ。
付属のぞうきん以外にも使い捨てワイパー用の紙も使えるので、お片付けも楽々heart04
 結構な頻度で働いてくれていますlovely
 
 
 そして、私以上に、この新入り君を気に入っているのが、三男Boe。
『サイモンシュトレインシュトラ』と名付け、可愛がっていますcoldsweats01
私が他の作業をしている間に働いてくれるサイモン君は、ある程度掃除をし終えたと認識したら、ところ構わず『停まる!』というサインの音を出して停まります。というか停まっているはずです。
 しかし、サイモン君の存在がとても気になる三男Leoは、その音を必ず聞きつけて、『こんなことで、仕方が無いやつだ。』と文句を言いながら、充電器に戻してくれています。
 
Photo
 
 
 どうやら、末っ子のLeoにとっては弟分に思えるようでsweat01
 本来充電器まで戻る機能が無い掃除機が、私の手を借りずして戻るとは、さらに便利happy02
 
 Leoに感謝すると共に、Joe同様にロボットに心を寄せるLeoにちょっぴり不安に思ったりして。
 うちの子供達、人間社会ではちゃんとやっていけてるのかしら????
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三男の進路

  先日、8月に受けた三男Leoの就学前相談の結果が来ました。

 

 

 

 結果は、次の通り。

 

 ◎スキップやケンケンパーが未経験だったようで、ぎこちなさは見られたものの、知的面、運動面の発達に遅れが見られない

 

◎集団の中で友達と関わりながら生活や学習を行うことで、自分の気持ちや考えを相手に伝える方法など必要な力を身に着けることができると考える。

 

◎集団の中での友達と関わりながら学ぶことができる通常の学級への就学が望ましい考えられる。

 

 

 

 私たちの期待通りの結果になりましたconfident

 

 発達や理解に遅れが見られないものの、自分を出すことがすごく苦手で人見知りが強いLeo

 

 保育園から小学校への変化について行けるかは若干の不安はありますが、何かあったら、その時考えればいいや!と今は思っています。

 

 なにせ、4年前の今頃、『支援学級(知的)』が望ましいと書かれた結果を得て、今に至っている兄Joeが、今は、笑顔で楽しく学校に通っているのですからlovely

 あの時は、凄く悩んで、支援学級に入れましたが、今となっては笑い話。

どんな場所であれ、子供が笑顔でいられる場所が一番なんだと、今は心から思えます。

 最近のJoeは、漫画を描くことにはまっています(前もはまりましたが)。

絵も、話も自分で考えているようで、今月になってから自由帳を3冊も使い切ってしまいました。大好きな友達Gくんと共同で描く時もあるらしく、Gくんの自由帳も漫画がふえているようでsweat01

 常にいろいろと考えるGくんは、お母さんに『漫画家って簡単になれるの?』と真剣に聞いたりして。どうやら二人で漫画家になることを想像したようでdelicious

 二人で、コントをすることもあるようで、Joeがボケて、Gくんが突っ込んでくれるとか。

 何か、すごく楽しそうheart04 

 Leoも、こんな風に、毎日、小学校で楽しく過ごせれば、良いんですけどね。

 とりあえず、頑張れ、Leo!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三男のランドセル

 三男Leoは、来年めでたく小学校一年生になりますshine

 既に、兄二人を小学校に入学させているわけですが、Leoの番になってつくづく驚くことは、ランドセル事情の進化。

 長男Boeの時にも、各種色が出始めていましたが、実際に目にするのは、女の子のランドセルで、綺麗な赤系やピンク系、ちょっと変わりもので水色ぐらい。

 男の子は、せいぜい明るい青か深みどりぐらいだったかと思います。

 二男Joeの時には、女の子はラメ系のランドセルが増え始め、刺繍や模様の付いたランドセルが目立ち始めました。

 男の子も、黒にオレンジの縁取りなどがされたりと、お洒落に。

 

 そして、今のLeoの段階では、ランドセルの種類の多様化は勿論ですが、周りの人がランドセルを購入し始める時期の早さに驚かされています。

 うちは、上二人の場合は共に、2月の二男Joeの誕生日を祝いに遊びに来てくれる義理の両親を、デパートまでお連れしてその場に置いてあるもの(残っているもの??)から買っていただいていましたwink

 Leoもそのつもりでしたが、6月ごろから、周りのお母様方がランドセル購入の話をはじめ、保育園でも数種類のカタログが置かれはじめて、気になり始めました。 

 7月になると、購入した人も増え始め、『良いものはすぐ無くなるらしい』という噂もでできたりしてsweat01

 何が良いランドセルの基準かは定かではありませんが、とりあえずLeoとカタログを見てみると、Leoが選んだのは、親も驚く、明るい緑色のランドセルでしたcoldsweats02

 しかも、半かぶせwobbly

(本来ランドセルの蓋は、ランドセルの下まで覆し下で留めますが、蓋が半分しかなく後ろの真ん中のところで留めるタイプのもの)

 

 これは、ヤバい。

 こんな、希少価値の物は、早く買わないと、本当に無くなりそう~~~~~。

 ということで、お盆休みに義父母宅に遊びに行った際に、ランドセルを見に行ってしまいましたよcoldsweats01

 

 お目当てのお店は、店舗が小さいのに、沢山の人。

 入口では、お店の人に対応してもらうための整理券まで配られてましたっけcoldsweats02

 と言っても、待っているのはうちだけだったんですけどね。

 別部屋も用意されていて、そこには、モニターとDVDプレーヤーが用意されていてポケモンが流されていましたsweat01

 そんな中で、Leoが選んだのは、キャメルの半かぶせのランドセル。

 半かぶせは絶対のようなので、せめてもう少し地味な色と思い、紺や黒を勧めましたが、最初に背負ったキャメルが気に入り、離さない。

 結局、それを、義父母に買っていただきましたcoldsweats01

 やはり、希少なものだそうで、手に入るのが来年の4月3日という、入学式間際とのこと。

 良いお買い物だったかどうかは、不明ですが、とりあえず、売り切れて無くて良かった。

 業界にすっかり乗せられた感は否めませんが、我が家にとって最後のランドセル購入の機会に、色々とランドセルのことを調べられたのは良かったかな?

 地方にある我が家の学区の小学校で、キャメルの半かぶせタイプは、まだお目にかかったことがありませんが、ただひたすらにランドセルのことで、Leoがからかわれたり、いじめられらないことを願うばかりです。

 

 まあ、仮にそうなったら、来年中学になるBoeの紺色のランドセルを持たせれば良いと思っているのですがdelicious

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三男、お友達を誘いまくる

 年長の三男Leoは、お友達と関わることが大好きです。

 と言っても、自分からお話しできる子は限られていて、よほど付き合いがある子としか遊びません。

 保育園に通い始めて6年目になり、クラス替えもなくずっと同じメンバーで過ごしてきたにも関わらず、いまだにほとんど話していない子がクラスの半分近くいたりして。

 23人しかいないクラスなのに・・・。

 それでも、保育園がお休みの週末になると、『○○くんと映画行きたい』とか『●×くんと××くんと遊びたい』等と、いろいろなお友達の名前が出てくるので、少しずつですが、保育園の外でもお友達との交流を増やしているこの頃です。

 数週間前の週末は、近所の公園でホタル観賞会が行われることになっていたので、『保育園のお友達といこうか?』と提案してみたら、翌日クラスの仲良し男の子に『ホタル見に行こうよ~』と誘っていました。

 そして、その数日後には、Leoから誘われた子が、ほかの子を誘う。

 ホタル観賞会前日には、男女問わず、クラスのほとんどが知る情報になることにsweat02

 結局、昨年末ママ友に教えてもらった『LINE』を使って、年長さんのママグループに一斉に『ホタル観賞会行きませんか?』と声掛けしたところ(結構勇気が要りましたが)、突然の呼びかけに関わらずクラスの1/3以上のお友達が公園に集まってくれましたheart04

 

 普段から一緒に遊ぶ男の子から、あまり遊んだことがない女の子と、その兄弟姉妹も加わり思った以上の人数にcoldsweats01

 肝心なホタルは時期終盤だったせいか、思ったより少なく、皆を誘った身としては心苦しい結果だったのですが、夕方の4時から集合し、遊具で遊んでお弁当を食べて、普段は出歩かない夜の散歩に大興奮な子供達。

 

 私もお母様方とのつかの間のおしゃべりの時間を楽しんでしまいましたdelicious

 Leoもとても楽しかったようで、翌日には既に『今度はみんなとどこに行こうかな~』と企画し始めていましたっけcoldsweats01

 そして、今日。

 保育園のママ友から『うちの子が、Leo君と○×君と○○君と×▼ちゃんと一緒にミニオン見に行くんだって、言ってたけど』との情報が。

 

 どうやら、Leoがホタル観賞会で味をしめて、皆を誘っているようでcoldsweats02

 まあ、自分から声を掛けられるようになるお友達が増えたのは喜ぶことなんですけどね。

 さすがに、映画館に行くのは人数に限度がありますよね~~~~。

 どうしよう。。。。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三男、保育園最後の遠足へ行く

 三男Leoが年長になり、保育園最後の親子遠足の日を迎えました。

 このブログを開始してからもうすぐ7年。

 その間にLeoの誕生も紹介していることもあり、時の過ぎる早さを感じるとともに、このブログも長々と続いたことに自分ながらに驚いています。

 

 

 さて、本題から少しずれていしまいましたが、Leoの遠足は生憎の雨rain

 年少さんや年中さんは遠足が中止になりましたが、年長さんだけは、最後の大事な親子遠足なので、雨でも過ごせる近所の小さい水族館へ行ってきました。

 本当に小さい水族館なのですが、24人の園児さんは、バスでのお出かけに大喜び。

狭い館内を、大興奮で動き回っていましたcoldsweats01

 滞在中に雨が止んだお陰で、水族館の庭にある体験コーナーのため池へ裸足になって入る男の子が続出。

 Leoも率先して、しかも一人ズボンとパンツをびっしょり濡らしてナマコとヒトデを触るのに夢中になっていましたsweat01

 二年前にも遊びに来たことがあるんですけどね、全く行動が同じで成長していないところには親としても呆れます。

 水族館を堪能した後には、近くの広場でお弁当タイム。

 そして、食後には、恒例の子供たちによるおやつの配りあい。

 24人の子供たちが、自分たちの用意したおやつを友達に懸命にあげる様子は笑えます。

 個装されたお菓子から、ドンパッチのような粉状のお菓子を少しずつ分ける子がいたり、律儀にお母様方にもお菓子を配る子がいたりcoldsweats01

 みんな、周りの親子に対してそれぞれの『御もてなし』を一生懸命披露してくれてかわいかったです~~lovely

 末っ子であるLeoの保育園最後の遠足といえば、私にとっても保育園での最後の遠足になります。

 長男Boeが入園してから、早12年目の保育園生活。

 少しずつ、最後の年の行事が終わっていき、私の卒園も近づいている感じです。

 嬉しいような、寂しいような。

 残りの行事も、楽しんでいきたいと思いますconfident

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三男、まだまだ5歳児

 普段は、兄たちの真似が多く、話す口調もませていて二男Joeに上から目線で話すせいか、あまり幼稚園児とは感じさせない三男Leo。

でも、時々、『ア~まだ、5歳なんだ。』と思い出すことが。


 長男Boeが友達を大勢家に招待することが決まってから自分も家に友達を招待したくてたまらなくなったLeo。

 勝手に保育園の友達6人に、土曜日に家に遊びにきてもらうよう約束してきたと、土曜日の朝早くから『まだかな~』とウキウキしながら、友達を待つLeo。

 親同士は全く話を交わしていないので、当然誰も来ないcoldsweats01
それでも待ち続ける姿はとても健気で、可愛いheart04

途中、『Aくん、電話番号教えてくれたんだ〜。1番だって。』と言って受話器を外し、1を押して相手が出るのを期待する姿も、もう堪りません〜〜happy02

 

 その健気さにつられて、母Cloloも一念発起をして保育園のLeoのお友達親子を4、5組誘って『カラオケ食事会』を企画してみましたwink
(Leoの希望は家に招待でしたが、車でしか移動できない子たちを家に複数招待するほど、わが家の駐車場は広くないので…)

 保育園の子供たちは、親が働いているせいか、普段なかなか保育園のお友達と保育園外で遊ぶ機会がないので、こういう時には大はしゃぎsweat01
しかも、カラオケが初めての子が多かったので、カラオケルームに入ったとたんの盛り上がりが凄かったですsign04

 最初の曲『妖怪ウォッチ』が流れるや否や、モニター前に群がり、歌うや踊るや大騒ぎ。マイクの取り合いやカラオケのスイッチの悪戯も始めたりして。
年中さん、なかなかやりますsmile

Karaoke


 大きめの部屋だったこともあり、途中鬼ごっごや椅子を使った列車ごっこもはじまった上に、部屋を出てしまうこともdash
年中の子供達を部屋に閉じ込めておくなんて無理な話でしたcoldsweats02

 

 それでも、なんとか二時間何も壊さず怪我もせず無事に終えることができ、子供達は大満足、親たちもその嬉しそうな様子に大満足。
『まだ遊びたい~』と沢山の余韻を残しつつお開きとなりましたが、次回も一緒に何かすることが決定。どうやら、今度こそみんな家に遊びにくることになりそうですcoldsweats01

 そうそう、リモコン係だった長男Boeは、子供たちがカラオケを忘れ遊びまわっている間に、自分の好きな曲を歌いまくっていたら、『望遠鏡』や『千本桜』など渋い選曲と歌唱力からお母様方から『凄い~』と称賛され、鼻高々。一人のお母様とアナ雪のデュエットも楽しんでましたっけcoldsweats01
 一方、狭い空間と音が苦手な二男Joeは、年少の子供たちに圧倒されてか、ロビーで一人休むことが度々ありましたが、それが却って小さな子供達にかっこよく映ったのかやたらにJoeに懐いた子が数名。Joeも懐かれて満更でもない様子でしたwink

 とりあえず、今回もみんな楽しめて良かった、良かったconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三男と親子遠足へ行く

 先日、三男Leoが通う保育園の親子遠足に参加してきました。

 例年だと週末にある行事ですが、今回は平日。

 小学生の長男と二男は学校へ行ったため、Leoとじっくり過ごすことができました。

 生憎、早朝に雨が降ったあとの曇りという微妙な天候の中で出発し、お昼は保育園に戻ってきてから園舎の中で食べ、園庭で遊ぶという、普段の遠足らしからぬ過ごし方になってしまいましたが…。

 それでも、遠足先のフルーツ公園やバスの中、園庭でお友達と大はしゃぎに遊んでいたので、Leoも十分に楽しめていたようですhappy01

 本人も、周りのお友達も先生も認める公認の親友Mくんと共に、遊具に乗ったり、走ったり、お店屋さんごっこをしたり、めまぐるしく動き周り、見ているこちらが疲れるほどcoldsweats02

 途中途中に、他のお友達も傍によってきて大盛り上がりになる。

 

 最近、Leoの発達面での問題がはっきりしてから、園での様子が更に心配になっていましたが、Leoはどうやらお友達には好かれているようで、安心しましたconfident

 しかも、Leoと結婚するって言ってくれているお友達が二人もいる事が判明(一人は男の子ですがdelicious

 

 今回の遠足では、昨年までとは違い、沢山のお友達とのショット写真が撮れたのが、一番の収穫でした

 そうそう余談ですが、『結婚』と言えばLeoが思いを寄せていた女の子とのその後。

今だに大好きな女の子ではあるのですが、その気持ちが全く相手に伝わらないせいか(なにせ話しかけることすらできないので)、好きな子とは結婚出来ないんだ』と諦め気味sweat01

こんなLeoに対し、最近、人生初の‘彼女’が出来てウキウキ気分な長男Boeは『Leo、保育園の時の好きな相手とは結ばれないものだ。もう少し大きくなったら、小学5年から中学や大学生になれば、上手くいくよ。』と慰めていましたsweat01sweat01

 恋愛も結婚も決して早くはなかった母の息子達とは思えないような台詞が出てくる毎日に驚きを隠しきれない最近のCloloでしたgawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三男、二度目の発達検査

 三男Leoが、8カ月ぶりで、二度目の発達検査を受けました。

 検査は、前回同様『新版K式』。

 前回の総合発達指数は、104(標準が90~110)と、とっても平凡な値で、基本的に年齢相応だけど、年齢以上に出来るものと年齢に達していないものも多少あるという程度で、特に大きな問題があるとしては取り上げられませんでした。

 そして、今回の総合発達指数は、前回同様104。

 前回と同じ値になるということは、順調に標準スピードで成長しているのだと思いきや、詳しい結果を見て唖然にとしましたcoldsweats02

 年齢相応に出来ているものがほとんど無く、出来るものと出来ないものの幅が大きく開いてしまっていましたgawk

 特に目立って出来なかったものが、『数の復唱』。

 3個の数は覚えられるけど、4個の数は全く覚えられない。

 しかも、前回もここで引っかかっているLeo。8カ月間全く成長がみられていないことになりますsweat01

 担当心理士さんに、『ここは伸びるのでしょうか?』と聞くと、『おそらくここがLeoくんの生まれつき持つ弱さなんだと思います。』と返されました。

 保育園の先生から『集団での指導が通りにくい。』と言われることも、ここに由来するようで、口で説明されても理解できないために、その場に合わない行動(フラフラしている)をとってしまったりするようです。

 また、小さいものや細かいものに焦点を当てて見ることや扱うことも苦手なようで、『机上で細かさや丁寧さが必要とされる作業をしたり、勉強したり、指示を聞きとったり、というようなことは本人にとってうまくいかない思いや面白くない気持ちを伴うことかもしれません。』とも言われてしまいました。

 比較的手厚いフォローが期待できる保育園生活はまだしも、2年後の小学校生活にはかなり不安を感じるコメントです。

 

 『支援学級に入ってゆっくり勉強した方が良いのでしょうか?』と聞くと、『社会ルールはしっかり覚えられているのと、目から情報を得ることはできるので、支援学級に入ることは抵抗を感じるかもしれません。』と。

 

 普通級に行けば他の子よりも視覚面でのフォローや個人的な声掛けを必要とするけど、支援学級に行くほどの問題行動も知的な遅れも無いという、中途半端な状態みたいですsweat01sweat01sweat01sweat01

 担当医師と心理士さんから共通して言われたことは、『出来ないことと共に、年齢以上に出来ることもある子なので、出来る面を褒めて延ばすことで自信を失わずにのびのび育つことができます』と。

 出来る面を延ばすといわれても・・・。

 今回の検査で、特にできたことは『積み木叩き(リズムの聞き取り??)』、『模写』、『模様構成』。

 まだ、今一つ、何を延ばせばよいかピンと来ていない母Cloloです…think

 とりあえず、現在の保育園生活をより充実したものにするために、市の『保育園等訪問支援事業制度』を利用して、保育園の様子を担当心理士さんに見てもらい、保育園とメンタルクリニックが連携しながらLeoにとって良い環境を作っていくことになりました。

 しばらく、手続き等で面倒なことが多いですが、Leoのために頑張るとしますrock

 

 

  

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三男との恋ばな

 今週に入って、いろいろと予定にないことが起きバタバタしている我が家です。

 さらに、二男Joeが傷を負って帰ってくることが増えたり、長男Boeが右側のまゆ毛の1/3を自分で抜いてしまったりして(もしやストレス!!)、何だか憂鬱な毎日ですdespair

 そんな中で、安らぎをくれるのが三男Leoとの恋ばなheart04です。

 大好きなAちゃんのことを、毎晩布団に入った後に色々と語ってくれます。

 私がLeoの気持ちを知ったのは一か月程前の話ですが、Leo自身はもっと前から気になっていたようで、前の保育園(昨年末に古い園舎から新しく建てた園舎に引っ越したので)でAちゃんが退屈そうだったので、一緒におままごとしたの。長い間遊んだの。とっても楽しかったんだ~happy02と好きになったきっかけまで教えてくれましたcoldsweats01

 内弁慶のため、Aちゃんと遊ぶことはもちろん、話しかけることもほとんどできないLeoですが、毎朝Aちゃんに『おはよう』と一言挨拶をすることだけは頑張っているとかsmile

(担任の先生談)

 家では、Aちゃんのことを『おれの彼女』とか『おれの嫁』等と呼び、『結婚式には、黄色とピンクのドレスを着るの、イチゴを頭につけるの』、『屋根の無いお城みたいなところで結婚式するの』、『ママは結婚式来ちゃダメだよ。女の子はAちゃんだけ』等など妄想が広がっているんですけどね~~~~~。

 さらに、最近は、一緒に買い物へ出掛けると、ねだるお菓子が『プリキュアグミ』や『プリキュアチョコ』等など。

 なんでそんな女の子っぽいものばかり買うのかと聞くと、『だって、女の子好きなんだも~ん。ひとりだけlovely』と嬉しそうに答えます。もう何処へいっても、Aちゃんを思い出すようで。

 こちらはもう毎日お腹がいっぱいgawk

 ただ困ったことが一つ。

 Aちゃんは、保育園のクラスで唯一お兄ちゃんがいる女の子。

 大きな男の子ネタを結構理解してくれるようで。

 長男Boeが好きなコロコロコミックに出てくる『でんじゃらすじーさん』という品の無いマンガの台詞に喜んで反応してくれたとか。

 『ごめん、ごめん、めんごめん~。あっはん、うっふん、すっぽんぽんheart04』という台詞、保育園でLeoが言いまくっているようでcoldsweats02

 Aちゃん以外のお母様(しかも、女の子ばかり)から、『Leoくんに教わったと言っているけど、よく聞き取れなくて~。』と言われることがsweat01sweat01

 果たしてこの恋の行き先は???

もう少し、先を楽しみたいと思いますsmile 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)