i.日常

釣り堀、初体験!

 生き物好きの三男Leoが、以前から、釣りをしたいと言っていました。
 『釣り』というと、相当集中力が必要というイメージがあり、現在ADHDが疑われる彼とは最も遠い遊びかと思っていましたが、『やってみたい』というなら仕方がありません。
車で20分ほどのところにある釣り堀に、Leoと二男Joeと三人で行ってきました。
 
 訪れた釣り堀は結構広く、大小様々な大きさの4つの池にはそれぞれ異なる魚を放流してありました。
大きい池には、大きい魚がいるようで、本格的なマイ釣り竿やクーラーボックスを持ってきている人がどっかり座って静かに釣りを楽しんでいました。
 
 
 
 私達は一番小さい池で、初心者でも連れるというニジマス釣りをやってみることに。
 釣り竿と餌ととった魚を入れる容器をもらって、いざ出陣heart04
 気合いは十分な二人ですが、なにせ落ち着きが無いので、水の中に投げ入れた糸をすぐ動かすわ、大きな声を出すわ、魚が全然近づいてくれませんsign04
Photo_2
 近づいてきて餌をくわえる魚もいましたが、すぐにあげてしまうので、餌だけとられ逃げられてしまったりcoldsweats01
 Leoに至っては、自分の竿を私に任せ、隣のご家族が釣った魚を度々見に行くので『邪魔だ』と怒られてしまったりwobbly
 
 二人に、魚釣りの心得(初心者の私が想像する範囲ですが)を教え込みながら、待つこと二時間以上、なんとか6匹のニジマスを釣ることができました!!
Photo_3
 
 釣り堀のスタッフさんに、簡単なさばき方を教わり、その場で塩焼きにしてもらいました。
 自分で釣った焼きたての魚は美味しかったことhappy02heart04
 残りは、夕飯に持ち帰りましたが、出張で不在のClolo夫は、残念ながら食べられず仕舞い。
 きっと一緒にやりたかったとも思いますが、次回のお楽しみにしてもらいましょ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼のいぬまに・・・

 新年早々、締め切りのある仕事が一杯で、なかなかブログの更新ができずに、一月の終わりが見えてきてしまいましたsweat01




 そこで、今年の目標の一つに、『ブログを少なくとも月一は更新するぞ!』を掲げました。


 今年もよろしくお願いいたしますconfident



 今年に入って一番のニュースは、二男Joeと三男LeoとClolo夫の三人が雪遊び一泊ツアーに出かけたこと。




 普段は『お泊まりはママがいないとヤダーbearing』という二人にとっては、長男Boeが中学に入り部活で自由な時間が少なくなり家族全員での外出が難しくなり、仕方が無くの選択でしたが、男三人で結構楽しんできたようでcoldsweats01




 初日に、信玄餅の包装体験、野菜の詰め合わせ、B級グルメの食べ歩きなどを行い、翌日やスキーやそり遊びを楽しんで帰ってくるという行程。




 二日目の雪山でLeoが一人で行動し、新雪にはまり抜け出せなくなり大泣きをしているところを運良くJoeに助けてもらったというハプニングClolo夫が監督責任を怠ったせいですが・・・)もあったようですが、笑顔で帰ってきて『来年はもっと長くいく!』と宣言していた様子は本当に頼もしかったですhappy01







 三人がいないに、私がしていたことは・・・




 我が家で、ワイン会を楽しんでいました!!




 会社で仲良くさせてもらっているお酒好きの20代から50代の女子が、お酒や料理を持ち寄って、話して飲んで食べて飲んでsweat01sweat01


 私も、お酒は強い方だと自負していましたが、みんな、私以上に強かった‼️

ホスト役として、コップの空き具合を確認しながら、ワインの栓を開けていましたが、7名でワインだけでも6本開けてしまいましたsweat01sweat01

翌日の頭の痛かったこと…。
暫くは、お酒はもう良いって感じですdelicious






| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤好きは、遺伝だった?

 前にも書いているかと思いますが、二男Joeは、赤をマイカラーと思っているようで、毎日赤色の服を着て過ごしています。
 
 物を選ぶときも、赤があれば、必ず赤を選びます。
赤い歯ブラシに、赤いコップ、赤いリュック。
 未だに好んで見る戦隊物でも赤色のヒーローが大好きheart04
 そこまで、凝らなくてもな~と思うんですけどねcoldsweats01
 
 と他人事のように思っていたら、私自身も結構赤色の持っているsweat02
赤いガラ携、赤い財布、赤いカメラに、赤い鞄。
もちろん、赤色の服だって持っていますsweat01
 先日、同じお店で続けざまに初スマホと9年ぶりのノートパソコンを購入した際も、共に赤色の物を選んだら、対応してくれたお店の方に「また、赤ですかhappy01」と半ば呆れられてしまいましたっけ。
 そういえば、今乗っている車の前は2台とも赤い車でしたし、結婚式の披露宴の服はワインレッドのドレスでしたっけcoldsweats01
 確かに、「赤」が好きなんですけどね。
他人のこと言えないほど、赤に染まった生活してたんですね、私って。
 そして、実はそれが原因で、自然と子供たちに赤い服を多く与え、結果、Joeの好みへ影響していたのかも???です。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の一日

 今日は、久々に気温が20度まで上昇し、ぽかぽか陽気の行楽日和となりました。

 吹奏楽部で忙しい長男Boeは放っておき、二男Joeと三男LoeとClolo夫と、息子たちがこよなく愛する5歳のK姫ちゃん親子(過去記事はここ)計6人で、山登りに出かけてきました。

 

 山登りと言っても、登山口から歩くこと30分で頂上についてしまうほどの距離でしたが、木々に囲まれてうっそうとした道や急な岩場を抜けた後の頂上の景色は格別で、子供も大人も結構満足できるものでした。

 携帯用コンロを持参し、頂上でカップラーメンと焼き立てソーセージを堪能。

 いつもの食べなれているお菓子でさえも頂上で皆で食べると、さらに美味しいhappy02happy02

 下山後は、登山口近くの温泉で、まったりと過ごし、帰ってきました。

 子供達は、手軽に楽しめて『山登り』が気に入ったようで、別れ際に『また山行こうね~』と挨拶していました。

 かつて山登りを楽しんでいたこともあるK姫ちゃんママと私。

 子供達が山を楽しんでくれるようになってきて、ちょっとニンマリしている次第ですwink

************************

 蛇足ですが、今回持参したお菓子は、ポッキーばかり。

 山登り前日の11月11日が『ポッキー日』だったので、お店のあちこちに色々な種類が置いてあり、ついついいろんな種類を買ってしまいましたsweat01

 実は、11月11日はポッキーだけでなく、同じメーカーが作るプリッツも一緒にお祝いする『ポッキーとプリッツの日』なんですよね。

でも、CMもポスターもポスターもポッキーがメイン。

 ネットで調べてみたら、こんなページを見つけてしまいました。

11月11日 プリッツの気持ち

読むと、ただのお菓子のプリッツではありますが、同情してしまい、胸が締め付けられてしまいましたdespair

ぜひ、お暇な方は、プリッツの気持ちを知ってあげてください!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しいお礼状届く

 少し前、夏休みに親戚の子が三人我が家に泊りに来たことを記事にしましたが、その内の一人から、私宛にお礼状が送られてきました。

 都会に住む、小学生の男の子から。

『Cloloおばさんへ

 

 8月●●日から●×日はどうもありがとうございました。

 また、来年も同じところに行きたくなるほど夢がいっぱでした。

 来年もよろしくおねがいします。

                                  ×××より』

 

 こちらが恐縮してしまうような、素敵な表現が入った文面ですが、かなり嬉しいですhappy01

 田舎のアスレチックや温泉、男ばかりの賑やかな中でのお泊りは、新鮮だったかな?

 

 こんな手紙をもらうと、『来年も、頑張らないと」と思ってしまいますcoldsweats01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も夏を満喫中

 今年の夏は、本当に夏らしく、暑い日が続いています。

 中学生になり、長男Boeが入った吹奏楽部は週の大半は練習に追われていますが、その甲斐あってか、市の大会、県の大会を通過し、今月末には全国地区大会に出場が決まりきましたscissors(Boeは、演奏していませんがcoldsweats01)。

 そんな忙しいBoeのつかの間の部活の休みを利用して、我が家の親せき恒例『海の家合宿』をやってきました(過去記事はここ)。

 すでに9年目を迎えるこの行事ですが、2年前から、3家族で行う一泊二日の合宿の前に、我が家で子供達だけが先に集まる『前合宿』が加わり、我が家の子供たちがとても楽しみにしている行事になりました。

 

 最初の年は、Boeと同い年の男の子一人のみの参加から、翌年には三歳下の弟君との二人の参加、今年には、一人っ子の別の子供も加わり、うちの子も含めて計6人の男の子が我が家で一泊二日過ごすことにcoldsweats01

 いつも、興奮気味で我が家にやってくる子ども達ですが、今年はさらにテンションが高い。何せ、中1と小3兄弟が初めて2人だけで新幹線に乗ってきて、初めて参加の小3男児がこれまた一人で在来線に乗ってやってきたので、道中のドキドキ感heart04はもちろん、待ち合わせ場所で私たちと会えた時の達成感はかなり高かったようでhappy02

 子供たち自身も嬉しかったと思いますが、私自身も親せきの子どもたちの成長に結構感動していしまいましたlovely

 こちらでは、近所のアスレチックに行ったのですが、暑い中子供たちは元気なこと!

 途中、二男Joeが、樽による川渡りに失敗して、下半身が濡れてパニックになったり、長男Boeのズボンが破けるというハプニングもありましたが、結構楽しんでくれてよかったです(ずぶぬれになったJoeの靴と、お尻がぱっかり開いたズボンの替えを買う羽目になったのは予定外ですがsweat01

 アスレチックの後は、温泉に行き汗を流し、近くのレストランで食事(食事作る気なしdelicious)。

 家に帰ったら、すっかり疲れてしまった私でしたが、子供たちのテンションは変わらずup

 パジャマに着替えて、小学生チームと中学生チームにDSや漫画タイムに突入。

 『早く寝なさい!』と何度言っても、長い夜を楽しんでいましたdelicious

 

 

 

 

| | コメント (0)

それぞれの卒業

 またまた、更新を滞らせてしまいましたsweat01

 この間に、

長男Boeが6年間の小学校生活に、

三男Leoが6年間の保育園生活に、

私Cloloが12年間の保育園送迎生活に、

私の父が79年間の人生にピリオドを打ちました。

 全てが同じ週に起こったことなので、行事をこなすことが大変でしたが、今は全てが終わってホッとしているところです。

 

 

 卒業式や卒園式までの数カ月、自分のことはもちろん、家族の人生の切れ目を大事にしたいと思う気持ちが大きい私は、家族の思い出作りをと考えてしまい(受ける側にとっては有りがた迷惑な行動かもしれませんがcoldsweats01)ついつい過剰に動いてしまった時期でしたcoldsweats01

 

 卒業日帰り旅行として遊園地へ行きたがっていたBoeの旅行計画作成の手伝い、Leoのクラスの卒業アルバム作製の手伝い、そして最後まで父が気にしていた確定申告の手伝い等など。

 

 父に関しては、もっと色々とやってあげたかったという思いも有りますが、Leoのランドセル姿を見せる事が出来たことは良かったと思っています。

Img_4658_4

 卒業の形は、人それぞれ。

 4月からは、BoeとLeoは今までとは違った場所での生活が始まり、二男Joeはいよいよ小学校高学年へ進級します。

 それぞれ、新しい生活に向けて元気な一歩が踏み出せるように願っていますconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家、大金持ちになる!?

 最近、我が家のソファーを新しくしました。

 

 これまで使っていたソファーは、結婚したばかりの頃から使っているもので、布地が汚れてきたり、肘置きのクッション材が歪んできてしまっていた上に、大きく成長した子供たちが三人座るには小さくなりすぎていました。

Image1

 何かと物にこだわり、物を捨てることを嫌う二男Joeは、新しいソファーを購入することに大反対sweat01

 面倒なので、子どもたちには内緒で、夫と二人で家具屋さんに見に行って決めてしまいましたbleah

 買うことに対して煩かった息子に対し、買うものに対してやたらと煩い夫sweat01sweat01

ソファーの高さは頭が届くまであること、座る部分は低すぎないこと、クッションが子どもに外されないようにする、三人掛けであることなどなど。

 

 結局、大層立派なものを選ぶ羽目にbearing

Img_0877

 搬入の日、私と一緒に立ち会ったJoeは、搬入されたソファーを見るなり一言。

『うちは、今日からお金持ちになったんだね~~lovely』と。

すっかり、新しいソファーに目を奪われ、運び出される古いソファーには見向きもしませんでしたcoldsweats01

 あんなに、『捨てるな~』と大騒ぎしたくせにsmile

 それから、一週間。我が家で変わったこと。

それは、Joeが毎晩、ナイフとフォークでご飯を食べるようになったこと。

『大金持ちは、こうやってご飯を食べるんでしょっhappy01』ですって・・・。

 どこから覚えた情報かはわかりませんが、毎日お箸の代わりにJoeの手でテーブルの上にセットされるフォークとナイフ。慣れない手つきで一生懸命、我が家のの質素なおかずを食べております。

 Joeの目から見ても我が家に不似合いのソファーの購入で、意外な展開になっていますが、いつか子ども達が立派にテーブルマナーを身に付けることができたら、家族全員で高級レストランに向かいたいと思いますwink

Img_0875

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年早々、試練を迎える

 新しいを迎えて7日目。

 

 三男Leoが、人生最大の試練を迎えています。

大好きな妖怪ウォッチの映画を、友達と見に行くことを楽しみにしていたところ、気がつくと大親友のM君の他はみんな、家族で見に行ってしまったようでsweat01

 

 子ども達同志では、『一緒にいこうね~heart04』と約束していたようですが、公開時期が年末の忙しい時期と重なって親同士で連絡を取り合うことができずに、冬休みを迎え、その間にみんなそれぞれ見に行ってしまったようでcoldsweats01

 経験数が多い大人には、よくある話ですが、まだ6年しか生きていないLeoにとっては、これは大事件ですsign03

 『あんなに約束したのに、なんでsign02』という気持ちと、一緒に見る友達が一人しかいないという事実。

 いつも、沢山の友達に囲まれているLeoにとって、これは大人が想像する以上のショックだったようで、昨晩は激しく泣いてそのまま寝入ってしまいました。

 とりあえず、三連休中にM君親子と一緒に映画を見に行くことになっていますが、笑顔になってくれると良いのですが…。

 そして、もう一人試練を迎えているのが、長男Boe。

最近、カードゲーム『バディーファイト』にはまっていて、クリスマスにはサンタさんにねだり、正月にはお年玉でカードを買いまくっています。

私にとっては全く興味がそそられないものですが、カードによってはかなり価値があるものあり、中古でも数千円の値が付くそうです。

 先日、Boeの友達が4人遊びに来てくれて、そのカードゲームを楽しんだところ、皆が帰宅した後、Boeの大事なカード数枚無くなっているということが分かりました。

 実際に無くなった原因ははっきりしませんが、Boeにとって無くしてしまったショックはかなり大きく、かなりの勢いで怒りの言葉を吐くき続け、お友達を疑う気持ちまで出てきてしまいました。

 

 綺麗に片付いた家ならともかく、うちのように色々なものが散らばった家では、どこかにまぎれてしまっている可能性もあるかと思います。

 なにせ何百枚とあるカードで、数枚無くなってもよくわからなさそうだしcoldsweats01

 でも、一端疑う気持ちをもったBoeにとっては、なかなかその気持ちが消えない。その反面、一年生から一緒のお友達もいるので、その子を疑う気持ちが辛い。 

 一日たった今でも、心がうやむやな状態のようです。

 まあ、こういうことが何度もあったら私も対処を考えないといけないかと思いますが・・・。

 新年早々、泣いたり、怒ったりの声が響いている我が家。

Boeは確実に反抗期に入りましたし、可愛いと思っていたLeoは小学生になります。

 今年はどんな一年になるか、今から恐ろしいですthink

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三男は、紳士?

 気がつけば、新年も既に6日も過ぎてしまいましたsweat01

 挨拶が遅くなりましたが、明けましておめでとうございますfuji

今年も、どうぞよろしくお願いいたしますconfident

 いつも正月は、家族や親戚とばかり過ごしていますが、今年の正月は我が家の三兄弟と仲良くしてくれている、K姫ちゃん親子と一緒に、ホテルのバイキングに出掛けてきました。

 

 女兄弟がいない我が家の三兄弟にとって、4才のK姫ちゃんは、とても新鮮な存在。

 会う度に、『Kちゃん、Kちゃんheart04』とK姫ちゃんを抱っこしたりおんぶしたり、手をつないだりとまとわりついていますcoldsweats01

 K姫ちゃんは一人っ子のせいか、息子達を、快く受け入れてくれて助かっています。

 放っておくと、子どもだけでどこかに行ってしまうので、目を離せませんが、必ず一緒にいるのでまるで四兄弟のようで微笑ましいです。

 下に兄弟のいない三男Leoにとっては、可愛い妹分。一生懸命可愛がっています。

 

 じゃんけんで遊ぶことになると、二男Joeは、本気を出してK姫ちゃんを負かして喜んでいるのに対し、Leoは後だしをしてわざとK姫ちゃんに負けるようにします。 

 JoeとK姫ちゃんがじゃんけんする時には、K姫ちゃんには『グー出して』と、Joeには『チョキ出して』と口元でささやきます。そして、K姫ちゃんが勝つと思いっきり喜んであげる。

 ポケモン好きなK姫ちゃんに、一生懸命自分のポケモン知識を教えて上げたり、お料理のお皿を用意してあげたりと、尽くすこと尽くすことdelicious

 

 まるで小さな紳士ですheart04

 私も、K姫ちゃんのお母さんも、その様子を見ながらすっかり感激してしまいましたlovely

 帰宅後、Leo本人に、『K姫ちゃんに優しくして偉かったね~』と褒めると、意外な返事が返ってきました。

 『俺が偉いんじゃなくて、Joeがダメダメなんだよimpact』と。

 

 確かにそれも一理あるんですけどねcoldsweats02

 まさか、若干6歳児に、そんなことを言われるとは、驚きました。

 いつまでも小さいと思っていたLeoですが、確実に日々成長しているんだと実感できたお正月の出来事でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧