d1.二男の言葉

二男の言葉

 来月になると、5歳になる二男Joe。

 もう、5歳になるんだと思うと、感慨深いものがありますconfident

 その半面、『5歳なのに・・・・』と思う点も多々think

 

 それでも、言葉が数語しか出ていなかった2年前に比べれば、大きく成長しましたshine

 なんとなく会話になる場面も増え、言葉のやり取りも以前よりずっと楽しくなりました。

 Joeの口から、『キャンプたのしかったの。またいきたい』、『スキー、やってみたい』、『ゲームがほしいの。ボタンがよっつあるの(どうやらDSのようで)』と要望が沢山出てくるのも可愛い。

 ついつい、応えたくなります。

 『にいに、しゅくだいやったの?』、『きょうのおやつな~し』、『がび~ん』と言うのを聞くと、笑える。

 言葉の意味を間違って使う場面も多いですが、自分なりに考えて、気持ちを言葉で表現しているのがよくわかります。

 先日も、週末の予定を話していたのに、すぐに行きたくなり(まだ木曜日なのにsweat01)、 大泣き。

 『土曜日に行くよ』と説明しても、彼の中では、即行きたいsign03状況に。

 気持ちを口にするのに困ったらしく『またこんどはいやだ、またこんどはだめ~』と絶叫していました。

 いつもJoeの要望に、‘またこんどね’と流しているからこういったかとcoldsweats01 まあ、いろいろありますが、こういうことも言えるようになったのは、成長ですよねscissors

 ただ、気になる事が一点。

 会話が長続きしませんbearing

 すぐにマイワールドに入ってしまいます。

Joe本人の集中力がないというか、発想が飛びやすいというか。

 悲しいかな、親である私も、Joeの話しの流れにはついて行けませんbearing

 しかも、知っている単語数が増えたわりには、こちらからの話しを理解していない。

 集中力のせいで会話が続かないのか、相手の話が理解できないから会話が続かないのか??

 どちらかは、はっきりしませんが、精神科の医師は、『話やルールが分からなくても、周りと一緒にかかわる機会を多く与えてください。放っておくと、自分の世界でばかり過ごすようになります』と。

 なるべく、Joeワールドの話に入りつつ、周りの話にもJoeを引き込もうとしているんですが、Joeワールドの魅力は凄いようです。すぐに、そちらに行ってしまう・・・・。

 Joeが5歳になるのを前に、Joeの新たな課題を見つけてしまったようですthink

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二男、久々の発熱

 歯の件が落ち着いたと思ったら、今度は久々に熱を出した二男Joe。

 先週は、遊園地に行ったり、保育参加(親子で保育園にて過ごす日、詳しくはまた)があったり、療育があったり、母が出掛けたりと、普段と違うことが一杯で、疲れたかな?

 急に、寒くもなりましたしcloud  仕方がないですねconfident

 熱自体は、37.8℃で、大したことはなかったのですが、お腹が痛そうだったので、即病院に行き受診。『胃腸風邪』ということで、浣腸をしてもらいました。

 薬だけで済むと思っていたJoeは、いきなりお尻を出させられたので、ビックリ。

 大泣きでの処置となりましたcoldsweats01 

 まあ、それでも、風邪が本格的に流行り出す前の時期。他に受診している人も少なく良かったですwink

 処置が終わると、Joeの口から意外な一言。『ママ、なおしてくれて、ありがとう!』

 私が治したわけではないですが、ご丁寧な挨拶、なんか感動してしまいました。

 そんなことでお礼が言えるようになったのね~と、小さな成長shineが見えた気がしてhappy02

 保育園に通い出して、5か月。

最初の頃ほどには、大きな成長も見られないし、依然パンツでの排便と夜のオムツは続いているしと、少し焦り気味だった私に、『ぼくも、おおきくなっているんでよ~』と気づかせてくれるような一言でした。

 そういえば、最近、私が遅く帰宅して、家族との夕飯に間に合わなかったとき、    『きょうは、カレーだよ。ママ、たべてね。』といったり。

 保育園で、三男Leoが玩具を散らかしたりすると、『ぼく、かたづけてあげるよ』といって片づけ始めたりしてましたっけ。

 何度も聞ける言葉ではありませんが、前には口にもしなかった言葉が出るようになったということは、目に見える大きな成長が無くとも、着実に心の成長は進んでいるんですよねconfident

 最近の私の頭には、常に、半年後に始まるであろうJoeの就学活動ことがあり、『これでは小学校入学なんて、無理~!』と思ってしまうことが多く、Joeの成長を素直に喜べなくなっていた気がします。

 おそらく、就学に向けて焦る気持ちは抑えられませんが、今回、Joeが熱を出しながら口にした一言で、Joeの成長を、もう少しゆったりとした気持ちで見守らなければconfidentと反省させられました。

 ゆったりとした気持ち・・・。実際、なかなか、これが、大変なんですけどねbearing

 努力したいと思います・・・・。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二男、会話を楽しむ

 G.W.が明けてから、平日は、あまり外出をしたがらない二男Joe。

午前中は、DVDを見たり、お絵かきやカルタをしたりして過ごし、昼ごはん後は、昼寝をたっぷり2時間とり、超のんびり過ごしています。

 最近は、『となりのトトロ』や『崖の上のポニョ』がお気に入りで、家族全員を登場人物の名前で呼ぶ上に、家族以外の人には、自分や弟を『ぼく、そうすけ(ポニョに登場)』、『これはポニョ』と紹介し、外出先をで私や夫を『りさ~(そうすけの母)』、『トトロ~』と呼ぶので困ってしまいますcoldsweats01

 時々、Joeの話に上手く合わせてくれる人に合うと、かなりの喜びよう。

 会話が成立したような感じがするのかな?

 かなり話せるようになってきたJoeですが、会話となると、まだまだ難しい。

 突然話しかけられたり、家族以外の人に話しかけられると、無視か逃げるかが多い。

 それでも、『う~ん、やっぱり分からない』とどこかのセリフそのまま返答をすることもあるので、人とお話はしたいんですよね、きっと。

 この間、長男を小学校まで迎えに行った時のこと。

他のことに気を取られ、曲がるべきところを通り過ぎてしまったので『学校、どこか行っちゃったね~』ととぼける母に、『まま、まちがえたよ。がっこう、あそこ』とつっこみを入れてきたJoeには驚きましたsweat01

 お風呂に入っているときや、家族で食卓を囲んでいるときは、『クイズをだします』と言いだし、曲のイントロ当てクイズや動物の泣き声当てクイズをしたり、動物や魚の名前あげゲームを好んでやっています。

 『ちがうよ~』という突っ込みを入れたり、『ぼく、○○したいんだけど』とおねだりしてみたりと、言葉が増えたのに加え、会話をしているっぽく聞こえる場面が増えてきて、なんだか最近とても嬉しいhappy01

 これだけでも、かなり嬉しいのですから、Joeが同年代のお友達と会話をしている姿なんかをみたら、感動して涙を流してしまうかも。

 いつか、そんな日が来ると良いな~~~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二男の『惜しい!』

 以前にも、記事にしましたが(過去記事はこちら)、二男Joeは、洋服やタオルについている小さな布片(「タグ」)、特にスベスベした素材のものが大好きです。

 「好き」という範囲を超え、一種の精神安定剤のようになっています。

 学園(療育施設)に通園時には、タグを縫いつけたハンカチを持たせています。    落ち着いているときは、ポケットにしまっていますが、落ち着かないときは、取り出して指しゃぶりをしながら、タグのスベスベ感を堪能しているようで。

 忘れると、それだけで不安になり、「タグ、ないよ~weep」と先生に激しく訴えるそうで。

 Joeにとって大事なアイテムです。

 その大事なタグつきハンカチを、先日、長男Boeが通うスイミングスクールに付き添った際に落としてしまいました。

 観覧室で、Boeの泳ぎを眺める私に、『タグ、ないよ~』と困り顔で言ってきたJoe。

 『探しておいで』というと、一人で階段や受付周辺を探しに行きました。

 一緒にいた私の母が、Joeの後を追っていくと、Joeがジェスチャーで、受付の人に何やら訴えている所に遭遇。

 そして最後に、受付の人に向かって、『タグ、ちょうだいsign03』と一言叫んでいたとか。

 どうやら、どなたかハンカチを拾って受付に預けてくださったのを目にしたらしく、懸命に要求していたようで。

 でもさすがに、タグ」では、相手に通じませんよねcoldsweats01

 母が、受付の方に説明してくれたお陰で、無事大事なハンカチは戻ってきましたhappy01

 結局、Joe自身による交渉は成立しませんでしたが、大事な物を取り戻すために懸命に知らない人に訴えたJoeの行動は、今まで見たことないことなので、驚きました。

 この調子で、周りと関われることが増えると良いな。

 「タグ」を「ハンカチ」って言えば、通じていたかもしれません。

ちょっと、惜しかった、最近のJoeの出来事でしたconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二男の「おなまえは?」

 二男Joeの言葉が増え始めてから、そろそろ1年。

 初語『イヤッ』が出てきたときはもちろん、それから数か月かけて、次の言葉が出たときには、本当にうれしかったのを覚えていますconfident

 今でも、会話するのは難しいですが、知っている語彙は増えて、周りの人の話から自分の知っている単語を聞き取っては、会話に入ろうとすることも。

 きっと、みんなと話したいんですね。

 最近「おなまえは?」という質問がマイブームで、日に何回も聞いて楽しんでいます。

自分の名前を「○○Joeです」と答えられるようになり、父母兄弟の名も完璧です。

あまりにしつこく名前を聞かれ、厭きぎみの長男Boeが「○○牛乳です」とか「○○きりんです」と適当に答えると、「ちがうよthink、○○Boeだよhappy01」と訂正するJoeの姿も。

 毎日、兄のお迎えで通う保育園でも、お友達のことが気になるようで、お友達の頭を指さし私に向かって「これは?」と聞くJoe。

 

人に対して、『これは?』はないでしょう・・・。

直接、お友達に聞くのが怖いんですね、きっとcoldsweats01

「おなまえ、聞いてごらん」と促すと、なんとか聞け、相手にも答えてもらっていました。

家族や大人以外にも、Joeの言葉が通じているのに、ちょっと感動scissors

聞いても、その名をすぐ忘れてしまうようなんですけどねgawk

でも、この一週間、Joeの口から度々「Sちゃん」という女の子の名前が出てくるように。

Joeが通う学園のクラスメートの名であり、保育園で名前を尋ねた子の名でもある。

Joe自ら口にした初めてのお友達の名前(こちらが言わせたことは何度もありますcoldsweats02)。それも女の子の名前happy02

気になるので、「Sちゃんって誰?」と何度か聞いたら、Joeが名字も答えてくれました。

『△△Sちゃんsign03

そうか、そうか。クラスメートの女の子ね(クラス唯一の女の子!)。 

In_new01 テレビで、毎日見る『みんなのうた』に出てくる女の子のトンボを指し「これ、Sちゃん」と言い、男の子を指し「これ、Joe」というJoe。

もしや、Joeの初恋????

なんか、妙にウキウキする私、Cloloでしたlovely

| | コメント (4) | トラックバック (0)

次男、言葉で伝える

 心配していた次男の言葉、最近では、かなり発達してきましたhappy01

 数か月前は名詞メインだったのに、最近では動詞も少しずつ増加中up

 そのせいか、だいぶ自分の意思を言葉で伝えることができるようになってきました。

 「せんべい、たべたいよ~」

 「ジュースbar、ちょうだい!」

 「おなか、すいたよ~」

 

 こうして、挙げてみると、『食』に関する言葉ばかりですねcoldsweats01

 先日、患った夏風邪。

 「ヘルパンギーナ」であろうと診断されましたが、それから数日後、手足口におできができ始めたのを見ると「手足口病」だったかもしれません。

 診断名自体はどうでも良いのですが、Joeの舌にできた口内炎、かなり痛そうbearing

 食べ物を口にするたびに、「いたい~~sign03」、「からい~~sign03」と叫ぶJoe。

 さらに、口の中を指差しながら、「むし、つかまえちゃった~」と悲しそうな表情。

 どうやら、最近、毎晩歯磨きを嫌がるJoeに言い聞かせていた「歯をきれいにしないと、むしば菌がきて歯が痛くなるよ~」という言葉を思い出した模様。

 Joeには、舌の痛みも、歯の痛みも、おなじ口の痛みだもんね。

 それにしても、Joeなりに考え、自分の状態を伝えてきたのに、ちょっと感動lovely

 Joeの言葉も、だいぶ成長したものですheart04 (親バカですみません!)

 Joeワールド故に、出てくる言葉も多いんですけどね。

(突然、脈絡なく、「エベレータ」、「マヨネーズ」、「サイコ~」と叫ぶこと度々coldsweats02

 口の中の痛さを訴える割には、カレーやせんべいを好んで食べるJoeくん。

 彼の食欲は、ちょっとやそっとの痛みでは、減衰しないようですcoldsweats01

 

 

| | コメント (4)

言葉の花、花開き中~!

 只今、周りの桜が満開で、とてもきれい~cherryblossom

 家々の花壇の花も色とりどりに咲き乱れ、本当に気持ち良い季節になりましたhappy01

 次男Joeの視界にも、花が入るようで、毎日保育園の帰り、花壇のパンジーを指差し「はなっ!はなっ!」と主張しています。

 半年ほど前、同級生のなかで、どんぐりや落ち葉拾いが流行った時には、全く関心を示せなかったのに、最近は花をはじめ、葉っぱや実が気になるようで、見つけては私に「ママ、はっぱっclover」と言って渡してくれます。

 知人宅の梅の実がなり始めたのも気になるようで、実を取ってしまうので困りますが、自然にも目を向けれるようになったと思うと、ちょっと嬉しいscissors

 なかなか言葉が増えなかったJoeですが、今年に入って、口からでる言葉がポツポツと増えてきています。

 まぁ、発音が不明瞭な単語が多く、両親だけわかるという言葉あったり、オウム返しも増えてきましたが…。

 「ジューース」、「ぎゅーにゅー」、「だっ、だっ(お茶の意)」と自分の要求を示したり、  「まて~」、「にげろ~」と言って追いかけっこを楽しんだり。

 「たこ」、「(い)るか」、「(く)じら」、「きりん」・・・・などなど自分の興味のあるものを見ると大興奮するJoe。

 稀に、二語文も登場します。

 我が子ながら、とても可愛い~~happy02

 基本親バカなので、ついつい、Joeの口から動物の名前が上がると、実物を見せたくなります。

 ということで、今週末は動物園へ行ってきますaries

 どんな反応をしてくれるかなheart02  今から、楽しみです。

| | コメント (4)

次男は、バーバパパ好き!

 いよいよ、来週から、保育園も、新年度を迎えます。

 マイペースなBoeが年長になるのも心配ではありますが、年少になる次男Joeのことが気がかりです。

 これまでとは違って、自分でやることが多く望まれる年少さん。              ちゃんと指示に従えるかしら????

 新しい部屋での、新しい先生。                                 パニックになったりしないだろうか????

 心配ごとを挙げるときりがありません。

 先月から、年少の予備練習として、通園時にJoe自身に通園バッグを持たせ、自分のバッグと食器袋とコップを覚えさせることを始めました。

 昨年、療育を始めたころ、自分のコップが分からずプチパニックになったのでcoldsweats01

 通園バッグと食器袋は、Joeの心をとらえるように、Joeの大好きな『バーバパパ』に。

 『バーバパパ』は、唯一Joeが口に出すキャラクターの名前です。

 DVDも大好きで、毎日見ています。

 ただ、それほどメジャーではないようで、あまりグッズがないのが難点。

 仕方がないので、手作りしました。

Image007

 

なんとか、Joeにも気に入ってもらえたようで、自分のものと認識している模様。

 最初は、自分で持たなかったのが、最近では、こちらの「バッグ持って」の一言で、着替えやおむつ、食器などでパンパンなバッグを頑張って持っています。

 帰り支度をするときに、「バーバパパのバッグ持ってきて」というと、必ず自分のロッカーから持ってくる。

 なかなかの進歩です。

 ただ、『バーバパパ』以外のもの(タオルや靴)を持ってくることを頼むとやらないのは、やはりキャラに興味がないから???

 気分で行動するところも、まだまだ、問題ですね~~gawk

 新年度に入ると、課題はもっと多いかと思いますが、まあ、Joeができるペースで頑張ってほしいと思いますです。

 がんばれ、Joe!

 そして、がんばれ、Boe! 

        

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

言葉なき声を聞く

 先週末、夫とスキー場に出掛けた長男Boeは、はじめての雪遊びを堪能した様で、「雪だるまを作った」とか「そりで滑った」とか「牧場に行った」とか、沢山の経験を報告してくれました。 

 Boe本人の口からは出ませんでしたが、スキーセットをレンタルしてみたところ、怖がって数十メートルしか歩けず、結局『高いレンタル料だった』とも…coldsweats01

 まあ、私も、幼いとき、兄の真似でスケート靴を買ってもらったのに、怖くて一度しか履かなかった経験があるので、Boeのことは何も言えませんが…bleah

*****************************************************************

 夫とBoeが留守の間、私と次男Joeは、私の友人宅へ遊びに行ってきました。

 

 相変わらず、はじめて行く場所では、落ち着かないJoe。

 家の中には入れず、友人宅のお庭や畑を走り回っていました。

 途中、友人の娘さん(Joeより4か月幼い)も加わり、私の仲介付きで縄跳びで電車ごっこをしたり、とても良い感じscissors・・・・・・・・・。

 でしたが、女の子の、アンパンマンの玩具とボールをめぐって取りあいの喧嘩が勃発。

 私は「Aちゃんのだから、Aちゃんに返して」と、友人は「Joeくんに貸してあげて」と子供たちをなだめるものの、お互い譲らず、凄い力で、物を取り合いcoldsweats02

 早々に、友人宅を退散することに。

 家を出て車に乗ろうとするものの、暴れて、再び友人宅へ戻るJoe。

 何度車に力づくで連れてきても、同じことの繰り返し。

 本人は泣いていて、パニックになりかけ状態bearing

 前にも何度か見たことのある、この繰り返しの行動。

 それも、確実に、Joeが怒るきっかけになったところへ戻っていく。

 なんなんだろう????

 経験のあることとは言え、外出先のことに若干嫌気がさしてきた私の頭の中で、flair

 もしや、Joeは「僕は怒っているんだ」と訴えたいのかも・・。

 そこで、Joeが戻ってしまう場所で、ゆっくりとした口調で話しかけてみました。

「Joeは、ボールを取られてとっても悲しかったんだね。Joeはボールが大好きだもんね。でも、あれは、Aちゃんのだからね。しょうがないね。お家に帰ろう~」

 

 すると、先ほどまで激しく抵抗したのに、素直に私と共に車に乗りましたheart04

 どうやら、あの繰り返し行動は、うまく言葉が使えないJoeにとって、自分の怒りを表現する、最大限の手段だったのかもしれません。

 そういえば、療育の先生が、「子供の問題行動には必ず理由があります。その原因を追究して、必ず口に出してあげてください。」と度々話されていたような…。

 Joeの繰り返し行動と先生の言葉の意味、今ようやく理解できました。

 もう少し早く理解してあげれれば良かったのですが・・・。

 『言葉なき声』を理解するのは、本当に難しい・・・。

 

 理解の遅いママで、本当にごめんね、Joeよsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次男、絵本にはまる

 次男Joeは、ここ1か月、絵本にはまっています。

 朝起きれば、とりあえず絵本を抱えるbook

 保育園から帰っても、book。お風呂に入る時も、book。寝る時も、book

 常にbookと一緒! 

 就寝後、消灯しても、窓から漏れる電灯の光を頼りに絵本を眺める姿は、何となく二宮金次郎の幼少を彷彿させます・・・

 一人では読めないので、母や父に「読んで~heart04」と無言で請求すること、1日何十回。

 お相手は結構、大変ですcoldsweats01

 それでも、最近、読書効果が出てきたようで、無言で母たちが読むのを聞いていただけだったJoeの口から、絵本に登場する物の名前が出てきましたhappy02

 『マンモ~!』

 ????

 魚の一種の、マンボウのことですcoldsweats01

 言葉こそ出ませんが、Joeの頭の中には大分、動物や野菜の名前は入っているようで、こちらが名前を読むと正確に指さしたり、Joeが指さす絵をわざと間違って答えると「イヤッと」反論することも。

 読み続けた甲斐がありました。

 でも、なぜ『マンボウpisces』?? 発音しやすかった??

 発達もマイペースですが、心に残る言葉も、個性的なJoeでしたcatface

  

 

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧