j.心に残ったことば

ぼくも、友達と遊んだよ

 三連休の翌日、元気な子供達に付き合いちょっと疲れ気味なCloloです。

 普段の週末でも日曜日の午後は午睡をとって体を休める必要がある40’sの体に、3日間もフルに元気な子供達の相手はかなり辛いsweat01

 日曜日は、三男Leoが通う保育園の近くにある公民館で秋の文化祭があり、演芸部門の発表会に有志の保育園児が運動会で踊ったダンスを披露させてもらいました。

 三連休のど真ん中の日と言うことで、参加人数は年少~年長さんまで20人程度(本来の1/3)でしたが、Leoは、大好きなMくんと共に大はしゃぎ。Smile

 緊張する他の子達を他所に、ステージに出ても、Mくんと二人異常に盛り上がっていてダンスとは別の世界に行ってしまい、本来の『忍者ダンス』をしているんだか、戦いごっこをしているんだか判別できなくなってしまいましたsweat01

 二人でとても楽しそうなのは何よりなんですけどねcoldsweats01

 一方、長男Boeは久しぶりに会う、保育園時代の友達と楽しそうに交流。

 二男Joeも、保育園時代の友達を見つけ、声を掛けようとするもなかなか声が届かず、話もできませんでしたsweat01

 

 お友達との関わりも三者三様で当然なんだけど、Joeだけ今一つ上手く行かないのが、親としていつも悩みです。

 

 先日、デパートに出かけた時、時間を潰していたキッズコーナーでは、同年代の子と割と楽しく関われていたJoe。

 本人もとても気持ちが盛り上がっていたのか、その子に対し『あっ、おれ自己紹介忘れてた。おれ○○Joe。人呼んでJoeていうんだ。きみは?』と言っていましたっけ。

 そんな言い回し、どこで覚えたのやらcoldsweats02

 相手の子もかなり驚いていましたが、何やら名前と歳を教えてくれていました。

 その交流の途中、Joeが私のところへ来て発した言葉

『かあちゃん、おれも友達と遊んだよhappy01』と。

 それはそれは、とても嬉しそうに。

 本当は私も素直に喜ぶべき、ところなんでしょうね。本人が喜んでいるんですから。

でも、その言葉の奥で意味するところも見えてちょっと複雑でしたdespair

 支援学級や兄弟間では、喧嘩もすれば一緒に笑うこともあり楽しそうなんですけど、学童保育所や交流先の普通学級では、友達との距離感を感じることが多いようで、今一つ交流出来ていない様子。

 時々早めに迎えに行くと、学童保育所でのおやつの時間には、お友達の輪の中にくっついて食べているものの、外遊びの時間には、お友達がゴールを使ってサッカーを楽しむのに対し、Joeはゴール付近で一人ボールを蹴っている姿が多いです。

 友達と一緒にいたい気持ちはあるけど、関わりきれないみたいです。

 まあ、実の親が言うのもなんですが、Joeはマイワールドが強いので、人生経験の浅い小学生には付き合いが難しいんですよね~~coldsweats01

 その代わり、人生経験豊富な先生方は凄く可愛がってもらっていて、宿題を見てもらう時には敢えて優しそうな先生を選んで『勉強を教えてくださいheart04』と甘えているとか。

 人に甘える、人に教えてもらおうと思う、そのために丁寧な言葉を使う等、学童保育所に入ってから出来るようになったことは数知れず。

 それだけでも素晴らしいので、友達との関係もゆっくりと見守って行けば良いのかな?

 いつになっても子供の成長を『ゆっくり』と見守ることができない母である私の方が、どんと構える気持ちを学ばないといけないのかもしれませんねcoldsweats01

 いつか、Joeの個性が魅力lovelyと思ってくれる友達が出てくることを望むばかりです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自閉症と理系思考

 こちら『自閉症と理系思考』とは、会社で購読している『日経サイエンス』に掲載されていた記事のタイトルです。

 『日経サイエンス』は、米国の科学雑誌Scientific Americanの日本語版であり、最新の科学ニュースを一般読者に解り易く紹介している科学雑誌です。

 私はあまり手に取らないのですが、時々読むと、訳本といえど、言い回しが日本の雑誌にはない文が多く結構面白いです。

 最近目にしたこの記事も、『シリコンバレーの病気?』という副題がついていて、面白かったので、ちょっと紹介。

  

 

 他者とのコミュニケーションが難しくなるなどの症状で知られる自閉症。その要因は子育てなどの環境的なものではなく,遺伝性が強いことが1980年代には判明していたが,近年,自閉症をもたらす遺伝子群が,理系思考,つまり物事を解析して1つのシステムにまとめようとする性向と一緒に受け継がれている可能性があることがわかってきた。著者らの調査によると“オランダのシリコンバレー”と呼ばれ,理系思考の人々が多く住むアイントホーフェンの自閉症の発症率は,他の同規模の同国の2都市の約3倍だった。“インドのシリコンバレー”と呼ばれるバンガロール,さらには本家のシリコンバレーでも同様の傾向がみられるという(日経サイエンスから一部抜粋)。

 この結果は記事を書いた英国ケンブリッジ大学の先生の実験で解った結果らしいのですが、本家の米国のシリコンバレーでは平均の10倍、理工科大学として有名なマサチューセッツ工科大学(MIT)の卒業生では平均の10%高いという話もあるとか。

 この実験に先んじて、自閉症児が少なくとも一人いる家庭と、トゥレット症やダウン症など言語発達障害のある子供がいる家庭を其々1000世帯、計2000世帯の家族を調査した結果、自閉症児の家庭の父親あるいは祖父の職業が技術者である場合が、そうでない場合よりも有意に高い結果を得たとも。

 私の理解が誤っている部分もあるかもしれませんが、理系カップルであるClolo夫婦としてはかなり興味深い話でした。

 とは言え、こんな情報を仕入れてしまうと、息子達が理系や理系家族出身のお嬢さんを結婚相手として紹介してきたら、ちょっと身構えたりするかもsweat01

 って、まだまだ大分先の話ですがcoldsweats01

 なにはともあれ、障害が色々な面から研究され、原因が究明されていくことは喜ばしい限りです。

 この研究の先が、発達障害児やその家族に何をもたらしてくれるのか、今後の進行が気になります。

 ぜひぜひ、より良い未来に繋がりますようにconfident 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本人は肩が凝りやすい?

 最近、長男Boeが、夫の肩もみや肩たたきをしてくれるようになりました。

 肩が凝りやすい夫は大喜び。

 気持ち良さそうに肩をもんで貰っています。

 そんな夫が話していたことが、欧米人は肩を凝らないとか。

 なんでも、肩を凝るのは『日本人特有の現象』であり、普段、肩が凝らない欧米人は、日本で生活し始めると同時に肩こりを経験するのだと。

 夫本人の説ではなく、テレビからの情報だそうですが、真相はいかに???

 そういえば、先週参加した小学校の入学式では、若干6歳で、大抵の子が『起立、礼、着席』に従えていましたっけ。

 そのうち、日本人であれば、朝礼などで、『気を付け、前に倣え、休め、回れ右』、『左足から行進』などの指示にも従えるようになるんですよね~。

 個人の性格、特性に関わらず、社会で求められる協調性、集団性、同一性。

 知らず知らずに、肩が凝る原因になっているのかもしれません。

 因みに、私は鈍感なのか、あまり肩の凝りを感じない方でcoldsweats01

 というか、肩を触られるのが、くすぐったくて仕方が無いので、肩こりも肩もみも遠慮してしまうのですが…。

 それって、多少は自由に生活させてもらっているってことかしら???

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々の飲み会

 最近、勤務先の所属に新人さん(中途採用ですが)が二人入ってきました。

 そこで、恒例の『歓迎会』が行われることにbeer

 新人さん二人はもちろん、所属部署の20名近くが集まり、美味しい料理と酒が入っての大盛り上がり。

 酒の力を借りて、皆さん、私に言いたい放題sweat01

 まあ、一度は、『会社を辞めるsign03』とまで宣言して、周りを驚かせた手前、皆さん言いたいことが沢山あったようで(過去記事ここ)。

 

 皆さんの意見を集約すると『急に辞めると言って驚かせてこの野郎punch 急に辞められても困るんだよね~。やることやってから辞めろよね~~~。.ということでしたsweat01

 これを、嫌みととるか、励ましととるかは、私次第だと思いますが、4月からは新規一転頑張りたいと思いますscissors

 問題児の二男Joeの最近の様子を見ていて、果たして仕事を続け学童にJoeを預けることにした選択が良かったかどうかは分かりませんが、どんなことも最初から諦めることだけは絶対嫌です!!

 再来週から、会社をしばらく休み、Joeが学童保育所に慣れるように、数時間から通わせたいと思います。

 決して焦らず、ゆっくりと。

 お友達に、いじめられるかもしれません。無視されるかもしれません。

 それでも、それがJoeにとっての実社会です。

 どんな状況でも受け止められる子供に育ってほしいと願い、頑張りたいと思いますthink

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『生きているだけで十分』

 先日発生した東北地方を震源とした地震と、それに伴う津波。

 全ての放送局で、絶え間なく伝えられる新しい情報に、驚くばかりです。

 長野県新潟県方面でも、地震が発生したとのこと。こちらも心配です。

 

 小学校の教師をしている友人からのメールでは、全員で校庭に非難したこと、子供達全員が号泣していたこと、先生方も必死だったことが書き記されていました。

 最後に『生きているだけで十分』と書かれた一言。

 校舎も、自宅も被害に遭い、想像を絶する恐怖を経験されたであろう彼女の言葉には、大変な重みを感じさせられました。

 今は、ただただ、亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに、被害に遭われた方々が、早く落ち着いた生活に戻れる事を、願うばかりです。

 

 

 

| | コメント (0)

義母の予想的中?

 夫の母、つまり義母は、物事を論理的に考えるのが好きです。

 だから、会話をしていると「それはどういう訳なの?」とか「どうしてそうなるの?」と聞かれることが多く、こちらも不確かなことを話題にあげることができません。

 そんな義母は、大分前から二男Joeの事を、『耳が悪くないのなら、発達障害か、あまのじゃくか』と思っていたようで。

 言葉が出ていなかったし、呼んでも振り向かないし、こちらの言葉がわかっているのかいないのか無視ばかり。

 そう思っても、無理はなかったかと。

 事実、発達障害』ということは当たっていましたし。

 一方、あまのじゃく』との予想。

こちらも、最近のJoeの様子を見ていると、あながち間違ってないかも。

 学園での朝の会や終わりの会、椅子に座ってみんなで挨拶をするのですが、先生が「てはおひざ~」といい膝に手を置くことを子供たちに促すと、一人「ては、あたま~」と言って、万歳ポーズをしたり、頭をおもいっきり振ったりしてケタケタ笑う。周りの子供も面白がってJoeの真似をして万歳ポーズ。結局先生に注意されるようでsweat01

 家でお手伝いをお願いしたり、手を洗うことを指示すると、「いやよ~」とにげるdash

 こちらが、左と言えば、右を選ぶようになってきました。それも、嬉しそうにbearing

絶対わざとやっています、彼はsweat02

 時々、本気で腹が立ちますangry

 今日は、女の子の祭り『おひなさま』。学園でも歌を歌ってお祝いをするかと。

  あかりをつけましょ、ぼんぼりに~note 

  おはなをあげましょ、もものはな~notenote

 おそらくJoeは、子供たちが歌いながら、かわいい手遊びを楽しむ中、「おはなtulipをあげましょ~」と言って、自分の鼻をつまんだりほじったりするんだろうな~。

 

 言葉が分かってきたから出来る事とは言え、最近目立ってきた彼の「おふざけ」性格。

 「おふろでおしっこ!」といって、浴槽でおしっこするし。

 義母がかなり前に言った言葉『あまのじゃく』。

なんだか、身にしみてきました。

 超おしゃべりな長男に、あまのじゃくな二男。

三男Leoは、かなり甘えん坊のようで昼夜問わず、泣くし。

最近、男三人の母であることの大変さを実感しつつありますdespair

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「自我の目覚めと自己中」

 次男Joeは、2週間ぶりに、療育施設への通園を再開しました。

 本人は、すんなり、園での生活に復帰できたのですが、送り迎えを担当する私が、すっかり3週間の引きこもり生活で、ボケボケになっており、通園再開二日目で、車の鍵をどこに置いたか忘れてしまい、結局その日はJoeをお休みさせてしまいましたbearing

 幸い、子供服を入れておいた籠の中に鍵を見つけ、翌日からまた通園していますcoldsweats01

 (なんで、そんなところにあったか、未だに思い出せない・・・)

 昨日は、園で、Joeの学年の親の懇談会があったので、参加してきたのですが、その時に担任の先生が話されて印象に残った言葉。

 「子供のわがままな行動は、周りを見れるようになって出てくる自我の目覚めと、周りが見れない状況での自己中がある」と。

 いずれ、どの子にも訪れる自我の目覚め。

 対応する、親としては大変ですが、成長の一過程と思えば喜ばしいことです。

 でも、ただの自己中(自己中心的)となると、なんとなく、まだまだ問題があるような。

 最近のJoeのわがままぶりは、実は「自我の目覚め」と期待していたのですが、先生の言葉を聞くといま一つ判断しにくい。

 そこで、この話を夫にすると、「ただの自己中に決まってるじゃないか」と即答。

 やはり、そうですか。

 でも、もう少し、考えてから答えてくれても・・・。

 そういえば、同じ懇談会で、「夫よりも、施設に通うお母様達の方が親身に話を聞いてくれる」みたいな話をされていたお母様がいらっしゃいました。

 う~~~ん。なんとなくわかる、この気持ちthink

 いずれにしろ、いつになるのか、Joeの自我の目覚めは??

| | コメント (2)

「ちょうだい」が大事

 昨日は、誤って作成中の記事を載せてしまいました!朝、焦るとついやってしまいます。ご覧になった方、中途半端なものをお見せしてごめんなさいsweat01

 気を改めて、新しい記事。

 Joeの発達の遅れが目立ち始めてお会いした二人の心理士の方からのアドバイスで『ちょうだい』を教えるように強く云われてきました。

 『ちょうだい』が重要だということはわかるけど、なぜそんなに強調する??

 その意図と方法をよく理解できていなかった私ですが、最近ようやく納得しましたhappy01

 先日行った療育で、個人的に先生とお話している際に、保育園で同じクラスのお友達限定で同じ空間に入れるようになったこと、その結果お友達との玩具の取り合いが絶えないことを伝えました。

 すると先生は、                                         「お友達といれるようになってきたのは、Joeくんが周りを意識するようになってきた証拠。でも、他人の玩具を取ってしまうということは、玩具しか目に入らず、同じものをお友達も欲しがっていることが見えていない。なぜお友達が怒っているかも分からない。 だから、これから『ちょうだい』を教えてください。『ちょうだい』をすることで、お友達から怒られないということを学べればJoeくんはまた一つ成長します。」と。

 お~、お友達から怒られないためにする防御策のための『ちょうだい』

 当たり前のことだけど、『ちょうだい』を教える必要性が私の中ではっきりしました。

 これなら、周りが見えてきたJoeにも分かりやすそうでし、教えやすい。

 もうすぐ3歳になる息子に、今更何をいってるんだというご意見もあるかと思います。

 でも、これから我が家では、保育園の先生の協力も得て、「Joeに『ちょうだい』を覚えさせる作戦」開始ですhappy02  

 結果は乞うご期待!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「わからないけど、わかる気がする」

 次男Joeのパニックや今後の事、しつけの事、色々悩みだすと家事も仕事もおろそかになってしまう今日この頃ですbearing

 そんな中、久しぶりに本bookを読んでいます。
 発達に遅れのある子をはぐくむ親と専門家のための本です。

 これまでに、言葉が遅い子や発達障がいを持つ親の体験談や、言葉の遅い子の指導書、育児書等に目を通してきましたが、同じような体験に涙を流しつつも若干違和感を感じたり、専門家の意見過ぎて物足りなさを感じたりと、いまひとつ私自身に合う本との出会いがありませんでした。

 でも、今読んでいる本は、臨床心理士という職を選んだ後に、障がいをもつ子の母となった方が書かれた本であり、自らの育児の経験を通して知った「専門家としての自分」の無知と傲慢さを振り返りつつ、発達の遅れ、障がいをもつ親の気持ちを一番に考え書かれています。

 読もうとした決め手は、本屋で少し開いた時に、最初の章に、私がずーと違和感を感じていた、周りの人が言ってくださる「大丈夫」、「心配ないよ」と言う言葉について書かれていたから。

 発達の遅れがあるかないかは「わからない」、けれど、あなたが親として心配する気持ちは「わかる気がする」。そう受け止めてくれる人に出会えたら、同じ重荷でも抱えやすくなるのに、と思うのです。

 と書かれていました。

 私が、プログを通してホッとできるのは、今の状況を理解してくださる方に出会えているからだと、改めて感じました。

 まだ、読み終えていませんが、なんだか気持ちが晴れてきそうな気がする本です。

 皆様、いつもありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いしますconfident

| | コメント (0)

「嫌いなこともやらせる」

 次男Joeが「イヤッangry」と口にするようになってから思い出しましたが、大分前、夫が参加した療育の時に、先生から一枚のプリントを渡されました。

 それは、子供の好きなことと嫌いなことを記載するもの。

 項目は、食べ物、遊び、生活面、玩具、などなど色々あり、それぞれに対して何が好きで、何が嫌いか親の目から判断して短い時間内に記載するように言われたとのこと。

 仕事が遅く、Joeと一緒に接する時間が短い夫にとっては、難しい課題だった様子。
 好きな事は思い出せても、嫌いな事が思い出せない。

 結局、空欄が多くなってしまったとの事。


 この結果に対して、先生は、
「嫌いなことがすぐに思い出せないと言うことは、嫌いなことをあまりさせていないということ。
 嫌いなことをやらせることも、子供にとって重要です。」
とおっしゃたとか。


 最近、Joeが家での片づけを嫌い、困っています。片づけないだけならいいけど、片づけようとする私の邪魔をして、よりひどい有様に・・。

 Joeがパニックを起こすのがイヤで、なるべくJoeが嫌がることは避け気味な私ですが、最近どこまでJoe本人の意思を尊重して、どこまでJoeに強制するかを悩んでいます。

 そんなときに、思い出したのが、療育の先生のこのお言葉でした。

 要は、「何事も経験」と言うことだと思うんですが・・・。


 また聞きかつ過去の話なので、言葉通りではないかも知れません。あしからずsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)