k.ひとりごと

今年は、当たり年??

 今まで、比較的自分のペースで仕事をさせてもらってきた私ですが、今年になってかなり手のかかる仕事を担当することになって、毎日社内外を問わず、連携を持って仕事をすることが多くなってきて毎日アタフタとしているこの頃です。

 会社の時間だけでは仕事が間に合わなくなって、家に会社のパソコンを持ち込んで仕事をすることに・・・。

 なるべく、仕事と家庭は切り分けていたかったのですが・・・。

 

 そんな忙しい時に限って、仕事以外の役割も回ってくるものでsweat01

 労働組合の仕事を一年間、手伝うはめになってしまいました。

 労働組合は、会社の管理職に対して労働条件の改善を求めるために存在し、組合員の健康と生活を支えるために活動します。

 企業によっては、有ったり無かったり、有っても活動が少なかったりしますが、うちの会社の労働組合は結構活動が活発で、春闘や秋闘の時期になると下っ端と言えども忙しく、仕事との両立は結構大変ですcoldsweats02

 

 それだけでも日々ため息が出てくるのに、本日の小学校の来年のPTA役員決めの抽選会にて見事に、『PTA副会長』の候補に当選してしまいましたsign03

 あくまでも予備抽選なので、まだ正式に決まったわけではなく、7名に絞られた候補から一名が選抜されることになります。

 当選よりも落選の確率が高いのですが、これまでの当りっぷりがどうも気になる。

 

 でも、当ったら、確実に生活がパンクしそうで怖い・・・。

 夫からは一言、『断れ!』と。

 断れる雰囲気なら、最初っからそうしてるってsad

 世の中の状況を読む力の弱い夫は、本当に困ります。

 本抽選まで、しばらくドキドキが続きますgawkheart02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インフルエンザ蔓延中??

 毎年、冬休みが終わってから2週間程すると、小学校や保育園で、『インフルエンザに罹った子供が出ました』という情報が流れだし、2月の中旬まで感染者数が増え続けるのが通例ですが、どうやら今年は様子が違うようです。

 子供達の感染情報は少ないのですが、身近の大人の感染情報が多い。

 勤め先でも、ある勤務地では、社員40名弱の半数が、インフルエンザに感染したとか。

 知人の農家さんが雇うパートさん全員が感染したとか。

 我が家に遊びに来る予定だった友人も感染し、遊びに来れなくなったり、小学校の資源回収班で毎月一緒に仕事をしているパートナーさんも、毎日一緒に会社の食事を摂る同僚も感染し、なんだか日増しに他人事では無い感じがしています。

 普段の年は、子供が罹り会社を休むことばかりを心配していましたが、今年は自分が罹り寝込んでしまうことが心配ですcoldsweats02

 子供が元気だと、必ず私の周りにやってきて騒ぎ、私はゆっくり休めない上に、結局一家感染という図が、手に取るように想像できますからcoldsweats01

 実は、ここ数日、子供が出来てから封印してきた『一人旅に行きたい病』が、沸々と湧きあがっているのですが、さすがにこの時期、旅先で倒れていたら大変なので、断念sweat01

 とは言え、一人で出掛けるには、インフルエン以外にも障害は多々あるのですがbearing

 あ~、でも行きたい!!!

 まあ、私の気持ちはともかく、

 皆様も、風邪やインフルエンザには十分お気をつけてお過ごしくださいconfident

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せのひと時!

 二男Joeが遠足に無事に行けて、ホッとしたのもつかの間。

 三男Leoが熱を出したり、Joeが『今日もお弁当じゃないと学校に行かない』と変なことを言いだしたりと、慌ただしい我が家house

 こういう忙しい時に限って、夫は出張で不在だったりするから腹立たしいbearing

 結局、Leoに付き添うため、15分だけ仕事をこなし、会社を休むことにしました

最近ペアトレや子供の療育のため、週一回、半日会社を休んでいるのに、また休み。

ちょっと、心苦しいですが、仕方がないdespair

 会社を去る前に、受付で挨拶をすると、先輩女性社員が『疲れた時には甘いものが良いわよhappy01』とサッと何やら手渡してくれた。

 それが、こちら。

Bitte

 『Bitte』とは、遠い記憶をたぐると、たしかドイツ語で、『どうぞ』の意だったと。

 疲れた体と心に、洒落た演出に、ちょっと感激heart04

 

 そういえば、チョコ繋がりで、海外からきた『Kit Kat』。

ここ数年、受験シーズンには必ず桜の花がデザインされて販売されていますよね。

『きっと、勝つ』。

 かなり、強引の気もしますが、願掛けとしての差し入れには良いのかも?

 これまた遠~い記憶をたぐると、高校受験の時、第一希望の学校を受けるときに母が作ってくれたお弁当は『カツ(勝つ)サンド』でした。

 まあ、結果は、良い方向には向かわなかったんですがcoldsweats01

 

 なにはともあれ、単純な私は、さりげない演出についつい、嬉しくなってしまうタイプなのですよね~wink

 先輩からの差し入れに、しばし幸せな時間を過ごさせていただき、感謝、感謝happy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学校の不思議

 先日、小学校の授業参観に参加して、長男Boeのクラスを覗いたときに思ったこと。

 やたらに子供達が『立たせられる

 といっても、悪いことをして立つわけではなく、先生の質問を理解出来たか示すために立つ。

 先生が『みなさん、起立』と号令をかけ、質問をする。

 『質問が分った人から座って良し』と言って座らせる。

 難しい質問ではないので、みんなすぐ座り始め、遅い子でも数分後には座っている。

 授業中に一回なら、『眠気覚ましに良いかな~』と思うが、私がいた20分余りに、2、3回目にすると、とても忙しく『なぜ立たなければならないんだろう?』と思ってしまう。

 私もこんなことしたかしら??ついつい自分の時代と比べてしまう。

 私にとっては、なんとも不思議な光景でした。

 もうひとつ、登校時に思うこと。

 子供達が『挨拶をしない

 もちろん、する子もいますが、圧倒的に少ないし、声も小さい。

 そういえば、長男Boeが小学校に入学したばかりの頃は、嬉しくて、誰にでも大きな声で挨拶をしていて、恥ずかしかったことがありますが、最近すっかり挨拶をしない子になってしまいました。

 私の遠い記憶だと、小学生の挨拶は、元気が良く気持ち良いものだったのですが…。

 最近、勤め先に入ってくる新入社員の挨拶が悪いという話も出てきているのは、小学校での挨拶の無さが原因??と勝手に思ってしまうことも。。

 挨拶は、大事なことだと思うですけどね~~。

 因みに二男Joeは、あまのじゃく体質なので、大人から『おはようございます』と声を掛けられると『おやすみなさい』、『行ってらっしゃい』と言われれば『ただいまです』と答えていますsweat01

 これもこれもで困ったものですが・・・・・。

 

 Joeはさて置き、妙に立ったり、挨拶が無くなったりと、小学校にも流れがあるんでしょうかね~~~。

 最近不思議に思ったことでしたcoldsweats01

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校の建て替え

 大分前に卒業した母校の一部が、建て替えられることになりました。

 私が学んでいた当時も、既に古い感じがしたので、当然なことですが、取り壊されると聞くと名残り惜しくなる。

 そこで、一部の有志とともに久しぶりに母校を訪ねることに。

 集まったのは、女子4名と男子4名。

 若かりし頃とは多少外観も変わっていますがdelicious、みんな雰囲気は同じ。

 筆不精で、ほとんど連絡を取ってこなかった私なのに、会うと、以前と変わらずに「Cloちゃん、Cloちゃん」と昔のままで呼んでくれ、嬉しい限りですconfident

 母校では、当時の先生が、校内の見学に付き合ってくれました。

 教室に入ると、みんな其々よく座った席に座り、記念写真を一枚camera

 前にしか座らなかった男子のこと。

 後ろの席でよく寝ていたこと。

 教科書を棒読みするだけで授業が終わる先生がいたこと。

 机にカンペを作ったのに、再試をする羽目になったこと。

 懐かしい話がどんどん出てきます(先生はカンペの話には苦笑してましたっけsweat01

 因みに、私は、あまり授業の内容は思い出せませんが、友人二人と受けた講義で、『ホワイトチョコレートは脂肪の塊』と習ったことだけは未だに忘れられなく、それ以来ほとんど口にしていません。

 と言っても、授業中よく寝てたので、先生から直に聞いたことか、友人から教えてもらったことかすらも覚えてはいませんがsweat01

 校舎見学後解散となりましたが、しばらく学校の周りを一人で歩いてみました。

 初めて一人暮しをしたアパートや遊んだ友人の家、よく利用したパン屋やお弁当屋。懐かしい場所が一杯で、一人で思い出にふけりつつブラブラしてきました。

Ike

 

 自由も時間も沢山あって、自分だけのことを考えることができた時。

 今となったら、なんと贅沢な時間だったことか。

 戻ることはできませんが、そんな時間を過ごせたことは本当に幸せだったな~と。

 

 そんな時間から早くも20年近くが過ぎてしまいました。

 そして、あと10年もしないうちに長男Boeが高校卒業ですsweat01

 時間の過ぎるのが本当に早いッsad

 20年後の自分は、今の私の生活をどう思うのでしょうか。

 どうか、20年後は自分の時間が多く持てるようになっていますようにheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ~、まただ

 カニ好きな身内のお陰で、カニT‐シャツが一杯な我が家cancercancer

 しばらく、カニT‐シャツの仕入れ先には行かないようだったので安心していましたが、別の場所で再びカニT‐シャツを仕入れてきましたsweat01

 Blkani  場所が違うので絵柄は違いますが、カニT‐シャツ3種。

 しかも、大人サイズもあり。

 先週は、子供達が海で嫌というほどカニを捕まえるのを見たばかりなのにsweat01

 なんだか、最近、カニアレルギーになりそうですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お酒はほどほどに。。

 アルコールは『たしなむ程度confident』と言いつつ、そこそこの量を頂く私でありますsweat01

 それでも、妊娠中や授乳中には飲まなかったせいで、若かりし頃に比べると大分、弱くなりました。

 飲む機会自体も減り、ノンアルコールのビールでも、飲んだ気分に慣れるようになってきましたが、時々ある飲み会ではついつい飲みすぎてしまうのが、困ったところでcoldsweats01

 ついこの間あった、出向する同僚の激励会でも、やってしまいました・・・。

 

 二次会の席で、ちょっと席をはずしている間に、他の飲み会のグループと合流。

 初めてお会いする人達だったので、ご挨拶がてら職業を聞いていくと、そのうちのAさんが『発達障害について調べている』という医療系の研究者の方でした。

 世間話で過ごせばよかったのですが、ついつい酔った勢いで『あ~、それ私専門ですよ~。三人の息子のうち、一人がADHDですから~』なんて話をしてしまって・・。

 それから、結構からんでしまったんですよね~~、年下のAさんにcoldsweats02

 何せ、私があまり良い印象を持っていない、地元の発達障害の専門家と繋がりがあると聞いたもんで、より一層。。

 Aさんは、純粋に、療育の効果を脳レベルから解明して、よりよい療育の方法を開発していきたいとお話されただけなんですけど。

 それに、発達障害の原因が解明されること、研究が盛んになることは喜ばしいことなのに・・・。

 

 いやいや、日頃の貯めていたものとアルコールのせいと言えど、お恥ずかしいbearing

 

 

 そこで、勝手にストレス発散してしまった私、ついつい楽しくて三次会まで行ってしまいました~sweat01

 帰りは、夜中の三時。

 翌日は、すっかり二日酔いでした~~~。

 

 それから二日たった翌週の朝、なぜか職場にAさんが。

 『この間は失礼なことを言ってすみませんでした~』とお詫びの言葉が。。

 しかもなぜか、お茶の差し入れも。

 

 私も、すっかり性質の悪い、酔っ払いおばさんになってしまったようです。

 楽しく飲むのが、好きだったはずなのに~~~。

 お酒もほどほどが一番ですね。

 以後は、気をつけたいと思いますthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偶然は運命?

 日常の生活の中でも、小さな偶然はよく起きますが、時々、『これは運命?』と思ってしまう偶然が起きることも。

 因みに、すこぶる単純な私は、夫とA県で知り合い、其々の出身地が同じB県で、しかも当時のお互いの実家が同じC県D市内と聞いたときは本当に驚き、勝手に運命を感じてしまったものです。

(後から聞いた話ですが、夫は、私と会う前からその点はリサーチ済みだったようですが・・・)

 当然、ネット上で、知り合えた方々でも、実は近くにいるかも(ちょっと遊びに来ただけでも)とか、共通の話題があると知った時には、勝手に運命を感じて、一人わくわくしたりしてheart04

 社会人二年目には、学生時代の友人Aと旅行に行ったカナダでも、運命的な偶然がありましたっけ。

 夏の暑い時期に、氷山を体験しようと、現地のツアーに参加したら、ツアー先で、友人Aと共通の友人、Bが日本からのツアーのツアーコンダクターとして働いているのに遭遇sign03

 暑い麓から、数時間でやってきた氷の世界に感動するのもつかの間。

 友人Bの声が聞こえ、彼女だと認識した時の驚きといったらhappy02

 友人Bが仕事中だったにも関わらず大きな声で『Bちゃんsign02』と声を掛けてしまい、私達を確認した友人Bも一瞬仕事を忘れ再会を喜んだ次第でcoldsweats01

 更に偶然なことに、その日の宿泊先も数百メートルしか離れておらず、彼女の仕事が空いた数時間、一緒に時間を過ごし、卒業以来の再会を祝いました。

 それ以来一度も友人Bには会っていないので、あの偶然は、実に貴重な時間だったと今でも痛感しています。

 最近遭遇した偶然は、 『Orla Kiely』というアイルランド出身のデザイナーの小物にまつわるもの。

 私がたまたま、お手頃価格で有名な衣料品メーカーU社の店舗で気に入って購入した『Orla Kiely』のシャツを着て、久しぶりに友人Cと会った時のこと。

12_071352_2

 私のシャツを見るなり、友人Cがとても驚いている様子。

 なんと、彼女が私へ用意してくれたプレゼントが同じ『Orla Kiely』の便せんセットだったのですsign03

  しかも、『Orla Kiely』は、葉や花、果物などの植物を模ったデザインが多いのですが、便せん柄も、シャツと色違いのこちらの柄↓。

120110btntype01_3

 インテリア好きな友人Cの最近のお気に入りがたまたま『Orla Kiely』だったとかで。

 私は元来ブランドやデザイナーを覚えるのが不得手で、そういうのを知らずに購入したんですけど・・・sweat01

 こんな偶然もあるんですね~。

 またまた、この偶然に、勝手に運命を感じてしまった私coldsweats01

 気分が乗らない日や、週の初めに『Orla Kiely』のシャツを着て、「頑張るぞ~!」と気合を入れて乗り切ることにしましたwink

 

 もちろん、全ての偶然が運命とは必ずしも思いませんが、嬉しい偶然を運命と思って前向きにとらえれば、人生更に楽しくなるかも??と思った次第でcoldsweats01

 そんな、ポジティブマインドで今日も一日、頑張りたいと思いますgood

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

兄弟間に差があり?

 今度、友人と久しぶりに会うことになりました。

 お互いの子供達にプレゼントを用意したいという話になり、子供達は『何が好き?』という質問が出てきたわけで。

 友人の一人っ子君は、『車ならなんでも』という。

 では、うちの子は?と考えた時に、答えに詰まってしまったわけでsweat01

 

 長男Boeは、模型作りが好きなので、お菓子のおまけに付いてくる程度のものや紙製のキットでも大喜びです。

 後は、偉人伝を読むのも好きだし、パズルや手品が好き。

 でも、二男Joeや三男Leoって何が好きなんでしたっけ。。

 長男Boeのお下がりの玩具で遊ぶ一通り遊ぶけど、実は何が好きなんだろうsweat01

 Boeに関しては、成長段階に応じて好きだったものが思い出せるけど、下二人に関しては、好きな小物(タグやタオル、丸いもの)などは思い浮かぶけど、好んで遊んだ玩具の記憶が薄いsweat01sweat01

 無意識に、最初の子の方に気持ちが言ってしまうんですよねcoldsweats01

 

 

 うちの場合は個性豊かな子供達なので全て同じ扱いはできませんが、なるべく物質面では兄弟公平に扱おうとは思っているのですけどね。。

 よく、兄弟間で幼いころの写真の多さが違うという話を聞くので、我が家では、兄弟公平に扱おうと、一歳までの誕生日までは一人二冊分のアルバムに写真をまとめる努力はしました。

 が。。

 妙なところで、私の子供たちへの対応の違いが露呈しまいました。

 

 親として子供の好きなものが即答出来ないのは、少し悲しい

 いや~、友人になんて答えよう。

 『なんでも喜ぶと思うよ』が一番困るんだよね、きっとcoldsweats01

 しばらく、下の二人の様子を見て、探ってみようかな。いまさらですがsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Happy Birthday to ME!

 先日、私の誕生日を迎えましたbirthday

 夫も例年以上にサービスをしてくれ、今年も楽しい誕生日を迎えることが出来ましたconfident

 お昼は、山奥にある養豚所が経営するレストランで、美味しい豚肉を使った多彩なメニューのバイキングを頂き、夜は、家でプチパーティー。

 我が家の子供達は、食卓にスパゲティーやピザ、パン屋さんで買うパンが並ぶだけで、『パーティー』気分になってしまうので、可愛いwink

 二男Joeは『ママ、おめでとう!』と乾杯を連発してくれ、三男Leoは『このりょうり、さいこう~。うめ~。うめ~。』とスパゲッティを頬張っていましたcoldsweats01

 

 食後は、夫が用意してくれたケーキを頂き、長男Boeからビーズのアクセサリーをプレゼントされましたhappy02

Cake Yubiwa_2 

 もう、誕生日ケーキにはロウソクが飾りきれないほどの、歳を取ってしまいましたが、大好きな家族と過ごせる誕生日は嬉しいものですね。

 みんな、いつまでも祝い続けてくれると嬉しいな・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)